韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  楽天モバイル、初の「プラチナバンド」獲得…2024年中のサービス開始目指す

楽天モバイル、初の「プラチナバンド」獲得…2024年中のサービス開始目指す

総務省は23日、携帯電話向けに電波がつながりやすい「プラチナバンド」を楽天グループ傘下の楽天モバイルに割り当てると発表した。諮問を受けた電波監理審議会(総務相の諮問機関)が、割り当ては適切だと判断した。プラチナバンドを携帯電話会社に割り当てるのは2012年以来、11年ぶりとなる。

プラチナバンドは700〜900メガヘルツ(MHz)の周波数帯を指す。広範囲に届く電波の特性から建物内でもつながりやすく、他の周波数帯に比べて基地局などの設備投資を抑えられるとされる。 楽天モバイルは20年に携帯電話事業に本格参入し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが持つプラチナバンドの割り当てを求めてきた。3社は50MHz幅ずつ割り当てられている。

22年11月にNTTドコモが700MHz帯の3MHz幅の2カ所を携帯電話向けに割り当てることを提案した。総務省は干渉対策をすれば利用できると判断し、23年4月に今秋の割り当てを目指すと表明していた。

スポンサードリンク


割り当てを申請したのは楽天モバイル1社のみだったため、総務省は財務基盤が整っているかなど最低限の要件を確認する「絶対審査」を行った。電監審は10月中旬、諮問を前に楽天モバイルに申請内容などの聞き取りをしていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA233450T21C23A0000000/

2023-10-24-k003.jpg

楽天は総務省に提出した開設計画は「だいぶ保守的に見積もった」ものとしており、2024年中でのサービス開始を目指すという。「プラチナバンドの価値をお客様にいち早く享受いただくことが割り当てていただいた通信事業者の責務」「なるべく速やかに1日でも早く運用できるよう準備を進めていきたい」としている。 開設計画では、認定期間終了時の特定基地局(700MHz帯)の開設数を1万661局、人口カバー率を83.2%と設定。令和15年度末までの累計で、特定基地局に対し544億円の設備投資を行うとしている。


関連記事

[ 2023年10月24日 08:16 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp