韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、雇用者のいない「一人社長」437万人…15年ぶり最多

韓国、雇用者のいない「一人社長」437万人…15年ぶり最多

韓国で「一人社長」の数が15年ぶりに最も多い437万人と集計された。新型コロナウイルス感染症流行に景気鈍化が続き、職員をなくしたり、そもそも置かずに働く自営業者の増加傾向が続いている。

韓国統計庁が1日発表した「2023年8月経済活動人口調査非賃金勤労および非経済活動人口付加調査」によれば、今年8月基準で韓国国内の自営業者数は578万4千人で、全就業者数の20.1%を占めた。自営業者数に無給家族従事者数94万人まで含めた非賃金勤労者数は672万4千人で、全就業者の23.4%だ。経済協力開発機構(OECD)は無給家族従事者を含む非賃金勤労者の規模を自営業者の規模と見る。

特に、一人社長を指す「雇用者のいない自営業者」は437万人で、昨年8月に比べて3万4千人増え、2008年(455万8千人)以後15年ぶりに最も多かった。雇用者がいる自営業者は141万4千人で5万9千人増えた。

スポンサードリンク


一人社長と雇用者がいる自営業者が共に増えたが、増加傾向の背景には多少差があると解釈されている。職員を置く程度の相対的に規模がある自営業者(雇用者がいる自営業者)は2019年の153万5千人から2020年には136万3千人に17万2千人大きく減り、2021年には130万1千人になり6万2千人さらに減った。反面、雇用者のいない自営業者は2019年の412万7千人から2020年には419万3千人になり6万6千人増え、2021年には424万9千人になり5万6千人さらに増えた。
https://japan.hani.co.kr/arti/economy/48251.html

2015-02-21-wa.jpg

雇用者がいる自営業者数は2020年に135万4千人と集計された後、今年は141万4千人になり、さらに増え回復する傾向だ。しかし、雇用者のいない自営業者数もまた増加傾向にあり、これは新型コロナの影響からは抜け出したが、すぐに景気鈍化が続いた影響とみられる。合わせてYouTuberなどの新しい1人自営業の働き口が増え、露店などが雇用者を代替した点なども雇用者のいない自営業者数の増加傾向を後押ししたものと見られる。


関連記事

[ 2023年11月02日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp