韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国ビューティー業界の第3四半期…中国への依存度で明暗くっきり

韓国ビューティー業界の第3四半期…中国への依存度で明暗くっきり

韓国ビューティー業界が一斉に今年第3四半期の実績を発表するなか、中国への依存度によって明暗がくっきり分かれた。 愛敬(エギョン)産業が堅調な成長を続けているのに対し、LG生活健康とアモーレパシフィックは振るわぬ中国市場と免税不振で依然苦戦が続いている。

化粧品事業だけを見れば、その傾向は顕著だ。 愛敬産業の今年第3四半期の売り上げは前年同期比7.6%増の1739億ウォン(1ウォン=約0.11円)、営業利益は20.5%増の184億ウォン。化粧品事業の第3四半期の売り上げは9.2%増の602億ウォンを記録した。新型コロナウイルス禍を機にグローバル化やデジタル中心の成長、プレミアム拡大を強化したことが奏功した形だ。

一方、アモーレパシフィックグループは今年第3四半期に9633億ウォンの売り上げと288億ウォンの営業利益を上げた。前年同期比それぞれ5.7%、12.7%減少した。免税、グローバルeコマース、中国市場などで売り上げが下落した影響を受けた。

スポンサードリンク


LG生活健康は市場の期待値を大きく下回る成績だった。依然として中国市場から抜け出せず、第3四半期の売り上げは前年同期比6.6%減の1兆7462億ウォン、営業利益は32.4%減の1285億ウォンだった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a7b5575b9b7479905dc7c110f7028f8ed111f8e

2023-11-14-k001.jpg

韓国と中国の外交的な対立が高まり、中国依存度の高い韓国ビューティー業界の苦脳が大きくなっている。中国市場の鈍化でビューティー業界が北米、日本など新市場攻略に積極的に乗り出したが、売り上げに占める割合はまだ微々たる水準だ。 韓国の化粧品大手「アモーレパシフィック」の今年第1四半期の売り上げ高は9137億ウォン(1ウォン=約0.1円)で、前年同期比21.6%減少した。同期間の営業利益は59.3%減の644億ウォンだ。

同社の海外事業売り上げは、中国の売り上げ減少によるアジアでの実績鈍化で前年比16.8%減の3494億ウォンだった。アジアでの売り上げ減少の影響で営業利益も前年比36.9%減少した。


関連記事

[ 2023年11月14日 08:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp