韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  中国に水素で走る電動アシスト自転車が続々と登場

中国に水素で走る電動アシスト自転車が続々と登場

山西省曲沃県出身の陳小龍(チェン・シャオロン)さん(40)の最近の新たな移動手段は、水素で走る電動アシスト自転車だ。水素を動力に用いた新しいタイプのこの自転車は今、中国で新しいエコな移動手段となっている。新華社が伝えた。

曲沃県の行政中心地にある病院や広場、公園、商業施設の周辺幹線道路の両側には、水素で走るシェア自転車100台が並んでおり、スマホでQRコードをスキャンするだけで利用できるようになっている。 陳さんによると、料金は30分で0.5元(約10円)、航続距離は70km。「水素電動アシスト自転車は乗るのがとても楽で、全く新しい体験だ」と話す。

水素電動アシスト自転車を開発した永安行科技はグリーン・低炭素、環境に優しい商品を主に開発しており、2018年に水素エネルギー産業に参入した。同社の水素エネルギー市場部の販売ディレクター・王兵(ワン・ビン)氏は、「すでに江蘇省常州市や上海・臨港新エリア、麗江市の古城などで、水素電動アシスト自転車を大量に投入している。今後は北京や深セン、武漢などでも展開する計画」と語った。そして、「当社の自転車は、打撃や燃焼などによる複数の限界テストに合格している。そのため、その安全性を心配する必要はない」とした。

スポンサードリンク


水素エネルギーはすでに将来の中国国家エネルギー体制の一部として組み込まれている。中国国家発展・改革委員会と国家エネルギー局が昨年共同で通達した「水素エネルギー産業発展中・長期計画(2021-35年)」は、「水素エネルギーのクリーン・低炭素というメリットを存分に活かし、エネルギー使用機器やエネルギー消費・汚染物質排出が多い交通や工業といった業界のグリーン・低炭素へのトランスフォーメーションを推進する」としている。
https://www.recordchina.co.jp/b924259-s6-c20-d0189.html

2023-11-24-k006.jpg

中国の複数の省が水素エネルギー産業関連の政策を続々と打ち出しており、一次市場では水素エネルギーへの投資が盛り上がりを見せ、水素電動アシスト自転車産業の急発展が推進されている。例えば、江蘇省は「水素電動アシスト自転車汎用技術要求」という地方基準を打ち出し、10月22日から実施が始まっている。


関連記事

[ 2023年11月24日 07:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp