韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  ヒョンデが韓国・蔚山に新EV専用工場を建設…年間20万台のEVの生産が可能

ヒョンデが韓国・蔚山に新EV専用工場を建設…年間20万台のEVの生産が可能

2023年11月13日、Hyundai Motorsは韓国の自動車産業の中心地である蔚山(ウルサン)の複合施設において、電気自動車(EV)新工場の起工式を執り行った。

Hyundai Motorsが韓国国内で工場を新設するのは1996年の牙山(アサン)工場開設以来、29年ぶりだ。 蔚山に建設されるEV専用工場は、54万8000㎡の敷地に年間20万台のEVを生産する能力を有する。本プロジェクトには約2兆ウォン(約15億3000万ドル)が投資された。本格的な建設は2023年の第4四半期に開始され2025年に完了する。車両の量産は2026年の第1四半期に開始される予定だ。

Hyundai Motor GroupのラグジュアリーブランドGenesisの電気自動車SUVが、この工場で生産される最初のモデルとなる。 この工場にはシンガポールのHyundai Motor Group Innovation Center(HMGICS)が開発した、革新的な製造プラットフォームを採用。これにより、施設の将来性を高め、従業員の安全性、利便性、効率性を確保していくという。

スポンサードリンク


また、起工式では蔚山工場の50年を振り返る展示会も開催された。「The Beginning of a Dream(夢の始まり)」、「The Realization of a Dream(夢の実現)」、そして「Our Dream, Dreams Ever Dreamt(私たちの夢、これまで夢見た夢)」の3つのテーマで構成され、EV試作車「ソナタ(Y2)EV」も展示。 なお、展示会は2024年1月より、蔚山工場文化センターのヘリテージホールにて一般公開される予定だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ea4c928cc5037c63f743058756175c0b86cd90a

2023-11-27-k003.jpg

ソウル、2023年11月13日発表–Hyundai Motorsは11月13日に、韓国の自動車産業の中心地である蔚山の複合施設において、電気自動車(EV)新工場の起工式を執り行った。このEV専用新工場は、半世紀以上前に同社の創業者が掲げた夢を基に、電動化時代における将来の成長の礎を築くものとしている。

EV専用新工場は、従業員に最適な労働環境を提供する革新的な製造プラットフォームを備えた人中心の施設となる。また新工場は、電動化時代における同社のモビリティ生産の拠点となる。新工場により、同社の蔚山工場複合施設は将来のモビリティ生産の拠点となる。


関連記事

[ 2023年11月27日 07:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
BEVの行く末は?
現代自のみならず、韓国は自動車をBEVに全振りする模様。
韓国政府は、国内でのBEV転換を後押しする。

吉と出るか、凶と出るか。

これはひとつの社会実験といえる。
[ 2023/11/27 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp