韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本社会 >  「24時間テレビ」寄付金など着服で、日本海テレビが幹部を懲戒解雇

「24時間テレビ」寄付金など着服で、日本海テレビが幹部を懲戒解雇

日本海テレビジョン放送(鳥取市)は28日、鳥取市内で記者会見を開き、経営戦略局長(53)がチャリティー番組「24時間テレビ」(日本テレビ系)への寄付金など計約1118万円を着服したと発表した。同社は27日付で局長を懲戒解雇処分にした。この日の会見で田口晃也会長は引責辞任、西嶌一泰社長は報酬3カ月分を全額返上すると表明した。

同社によると、元局長は2014~23年、24時間テレビに寄せられた寄付金のうち、本社内の金庫で保管していた一部を持ち出し、計約265万円を自身の口座へ入金。さらに14~21年、経理処理を偽装するなどし、会社の資金や売上金など計約854万円を着服したという。金庫の鍵は、元局長を含めた一部の担当者で管理していた。 今月9日、同社が税務調査を受けることを知った元局長は発覚を恐れ、同社に着服を申告。これまでに約448万円を弁済しているという。同社は着服された寄付金全額を24時間テレビチャリティー委員会に届けるという。

同社の調査に対し、元局長は「2014年当時、親族のためにまとまった金を用立てる必要があった。着服しても発覚しにくいお金があり、思いついた」と話しているという。同社は飲食やパチンコなどの遊興費にも使ったとみている。
https://www.asahi.com/articles/ASRCX5D4QRCXPUUB00R.html

スポンサードリンク


10年にわたって寄付金がテレビ局幹部のポケットマネーになっていたという、チャリティー番組としての信頼を揺るがす不祥事が発覚した『24時間テレビ』。’78年の放送開始以来、毎夏の恒例番組となっているが、これまでもその存在意義を疑問視する声はあった。

2023-11-29-k003.jpg

たしかに福祉や災害復興支援の現場などにきちんと寄付が行われていたのも事実。46年間の寄付金総額は436億円になり、批判を受けながらも続けてきた実績は大きい。それゆえ、寄付金が着服していた系列局員が出たとなると、今回の件に限らず、今までの使い道にも疑問を覚えてしまう人も出てくるだろう。 なぜそうなったのかをしっかりと調査する必要がある。

公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」は本件について、公式サイトで《今回の事案を受けて、当委員会を構成する民間放送31社では、皆様からお預かりする寄付金について、さらなる厳重な管理を行い、徹底して再発防止に努めて参ります》と綴っているが、実施はあり得ないだろう。 さっさと廃止すべき。 今の年寄り連中組織の悪巧みは、政治資金と同じで、まだまだ事例があるだろう。 大阪万博などでも出てくるのではないか…。 お決まり組織や団体をすべて見直す時期でもあるが…。


関連記事

[ 2023年11月29日 07:53 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
24時間チャリティを中止すべき
今回の不正発覚は氷山の一角であり、一般人から寄付を募る資格は無いと考えます、24時間チャリティは中止すべきです。
[ 2023/11/29 14:58 ] [ 編集 ]
株式会社だから監査役がいたはずだが、社内監査が
ザルだったのだろう。容疑者は、「税務監査があるから」と
言っているから、社内よりも外部のほうが怖かった。
放送業界は利権を握った独占業界だから体質が甘いようだ。
[ 2023/11/29 16:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp