韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国の23年成長率 1.4%に下方修正

韓国の23年成長率 1.4%に下方修正

経済協力開発機構(OECD)は29日に公表した経済見通しで、2023年の韓国の経済成長率を9月の前回予測から0.1ポイント下方修正した1.4%と予想し、来年については2.1%から2.3%に上方修正した。韓国企画財政部などが伝えた。

OECDが予想する23年の韓国の経済成長率1.4%は、韓国政府、韓国銀行(中央銀行)、国際通貨基金(IMF)など他の主要機関と同じ数値。 また23年の物価上昇率の見通しは3.4%から3.6%に上方修正し、来年も2.6%から2.7%に引き上げた。政府が物価安定の目標とする2%になるのは25年と見通した。

韓国銀行の政策金利は現在の水準(年3.5%)を来年まで維持すると予想した。

スポンサードリンク


OECDは金利とエネルギー価格の上昇が短期的に民間消費と投資に負担を与えているとしながらも、輸出が半導体需要の回復に後押しされて改善されていると指摘。来年下半期からは消費・投資の下振れ要因が緩和され、国内需要が回復すると見通した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3f0ebb8687f23b8d3315a092fd910a72f2c9aa0

2015-07-14-wa-1.jpg

2023年10月6日、韓国・朝鮮日報によると、科学、医学、未来などをテーマとする動画を掲載し、チャンネル登録者数が2120万人を超えるYouTubeチャンネル「Kurzgesagt」に「韓国はなぜ滅びていくのか(Why Korea is Dying Out)」と題した動画が掲載された。少子高齢化による危機シナリオを扱った内容で、崩れ落ちる太極旗がサムネイルに使われている。

動画は韓国の合計特殊出生率が昨年、0.78人という「世界で最も低い数値」になったことを伝えている。「出生率が急落している。今、100人いる若者が2100年には6人まで減るということ」「このままだと100年以内に韓国は若者が94%減り、老人の国になる」と指摘している。 だが問題は少子高齢化よりも政府負債のほうが深刻だ。 毎年数十兆円規模で膨れ上がる政府負債の対応策はない。 と考えれば韓国崩壊まで見守るしかないが…。


関連記事

[ 2023年11月30日 07:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
2024年も明るくはなさそう
   経済成長率 インフレ率 政策金利
2023  1.4 3.6 3.5
2024 2.3 2.7 3.5

記事内容を整理すると上のようになりますが、
まず今年は惨憺たる経済不況で、不動産問題を除外しても、
庶民には相当に厳しい年になりました。
韓国の高い政策金利は国内のインフレ対策というより、
米FRB金利に引きずられて上昇した結果ですが、
それでも庶民は貯蓄より投資に走り、不動産バブルと
巨額の金融負債を形成しました。落し処が見えないまま、
韓国の経済不況は来年も継続しそうです。
[ 2023/11/30 19:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp