韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  35歳の社員も希望退職リストに…韓国流通業界「構造調整の寒波」

35歳の社員も希望退職リストに…韓国流通業界「構造調整の寒波」

景気低迷が長引き、流通・食品業界が相次いで希望退職を進めている。オープンマーケットとテレビ通販、外食業など多くの業種も同様だ。消費不振の長期化と流通環境変化の中で、組織運営をスリム化し収益性を改善するためと解説される。

28日の関連業界によると、SKグループのオープンマーケット系列会社11番街は前日から希望退職申請を受け付けているところだ。満35歳以上で勤続年数5年以上の社員を対象に4カ月分の給与を支給する条件だ。11番街が希望退職を実施するのは2018年の創立以降で初めてだ。会社側は「構成員の次の進路摸索を支援するための目的」と強調しながらも、「会社と構成員ともに持続して成長し生き残れる効率的案」として「生き残り」に言及した。

同社は2020年から2022年の3年間にわたり営業損失を記録し続けた。今年も9月までで910億ウォンの損失を出した。前年同期より損失幅は14.1%減ったが、依然として赤字状態だ。上場と売却も失敗に終わった。国民年金、MGセマウル金庫中央会などで構成されたナイルホールディングスコンソーシアムから年内に企業公開(IPO)をするという条件で5000億ウォンの投資を受けたが、厳しい経営環境などから上場計画を取りやめた。シンガポールの電子商取引業者Qoo10との売却交渉も中断した。

スポンサードリンク


業績悪化に陥ったロッテホームショッピングやはり9月に会社創立以来初めてとなる希望退職を実施した。対象は満45歳以上で勤続年数5年以上の社員だ。退職者には2年分の年俸と再就職支援金、子ども教育支援金が支給される。同社関係者は「流通・メディア環境の変化に対応するため組織変化を目的に自発的希望退職を実施した」と話した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2fb33c6e1627eda12819d33c66bb927831c561c5

2014-02-22-wa-1.jpg

大韓商工会議所が明らかにした10-12月期の小売り流通業景気見通し指数(RBSI)は83で、基準値である100を下回った。ある食品業界関係者は「規制と市場飽和で1997年の通貨危機、2008年の世界的金融危機の時よりも良くない状況」と話す。 大手流通グループも危機に直面した。新世界は9月に系列会社代表理事の40%を入れ替える人事を断行した。ロッテはホームショッピングに先立ち1~2年前に百貨店と免税店などで会社創立から初めての希望退職を実施している。


関連記事

[ 2023年11月30日 07:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
世界的に共通する消費動向は、アフターコロナで
消費需要が外出関連に移ったことと、物価上昇に伴う節約志向。
通販業界は基本、非対面販売だから事業者数は多くはいらない。
日本ではアマゾンの1強ではないか。
[ 2023/11/30 10:50 ] [ 編集 ]
あれっ、韓国は業績が上向いて来た筈だったのに?
韓国は最近、景気動向が上向いて来て、来年は2パーセント台の成長を見込んで居ると言うのは嘘だったのかな?
[ 2023/11/30 12:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp