韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本政治 >  岸田政権が「年内で終わる」可能性

岸田政権が「年内で終わる」可能性

岸田文雄内閣の支持率が急落している。「年内に政権が倒れるかもしれない」という見方も現実味を帯びてきた。だが、問題は「誰が首相の首に鈴を付けるのか」だ。岸田首相には、力強い援軍もいる。米国である。これから、永田町はどう動くのか。

まず、最近の各社世論調査を見よう。 朝日新聞の調査(18~19日)では、内閣支持率は前回調査に比べて4ポイント下落し、25%になった。逆に不支持率は5ポイント増えて65%に達した。読売新聞(17~19日)の調査だと、支持率は同じく10ポイント下落して24%、不支持率は13ポイント増えて62%。産経新聞(11~12日)は支持率が7.8ポイント下落して27.8%、不支持率は9.2ポイント増えて68.8%といった結果である。他の調査も同様だ。

読売は11月21日の社説は「政府・与党と十分な調整を経ていないから、具体策や財源がなかなかまとまらないのだろう。首相は正念場を迎えている。これまでの政局運営を虚心に反省することが重要だ」とエールを送っている。

スポンサードリンク


財務省は増税を封印し、減税を言い出した岸田首相に内心、怒りをたぎらせている。税金の滞納問題で辞任した神田憲次財務副大臣の税務情報を握っていたのは、財務省だ。東京地検特捜部は自民党5大派閥の政治資金不適切処理問題をメディアにリークした。彼らは事実上、倒閣に動いている、と言っていい。 だが、首相には「米国という最強の味方」がある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/98c0a28a47cbbb2095bfe16e55ec86469ac46ef1

2023-11-04-k002.jpg

岸田首相は来春、米国を公式訪問する方向で調整に入ったと報じられた。ジョー・バイデン大統領の招待を受けて、国賓待遇での訪米という。こうなると、自民党議員の間に「訪米を終えるまでは、表立って倒閣に動きにくい」という心理も働く。 バイデンにすれば花道つくりの感もあるし、岸田がバイデンに頼んだともいえるのだが…。

経済対策や防衛増税などが語られているなか、野党は円安で良いのか論争なども出ている。 だがいたってシンプル見れば、企業をトータルで考えれば円安効果は絶大だ。海外に多くの企業を維持する主力企業は大きな利益を得るだろうし、政府は世界一の政府資産でぼろ儲けとなる。 政府は得た利益を国民へ還元し、主力企業は賃上げ貢献する。 この対応しか無いはず。

ところが政府はため込むだけで莫大な金額で何とかする気はない。 ここが問題で、得た利益分は国民還元が原則なはず。 僅かな金額で対応したところで効果はないし意味はない。 次期総裁論議でカネを動かすのではなく。 得た増収分はため込まずに、国民へ還元しつつ、防衛費と共に考慮すれば良いだけの事。 今の政府が先を予想したところで、財務省の言いなりと言うのが問題なわけで、是非各省庁を動かすリーダー的存在の人材で固めてほしいと願いたいが…。


関連記事

[ 2023年11月30日 08:11 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
総辞職する覚悟のない岸田首相はどうする?
岸田政権は内政、とりわけ税制で失敗して国民の支持を失い、首相が迷走してカチカチ山に。さすがに鈍感な首相も”異臭”に気が付いて焦っているようだ。
内政で失敗したら外交で点数稼ぎ ― 来年開催が囁かれる日米首脳会談や日中韓首脳会談も、いまの政権では"絵に描いた餅"に。果たして岸田政権の命運は?
他方、岸田政権が倒れると、米国も中国も韓国も、組みし易い岸田首相を失い、対日外交は仕切り直しに。次は強面の高市か、茂木か、はたまた民意無視のマスコミが持ち上げる小石河か?
[ 2023/11/30 11:51 ] [ 編集 ]
岸田政権の問題点というよりも、自民政権と財務省の
権力闘争が延々と続いている。根本は、お金がないのに
いろいろばらまき企画するが、資金調達は国債頼りという
国家財政の構造が変わらないこと。
[ 2023/12/01 13:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp