韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  円安は韓国人にプラスとマイナスの両面

円安は韓国人にプラスとマイナスの両面

円の対韓国ウォン相場が15年ぶりの安値水準に下落したことで、韓国人は歓迎ムードにある。観光客は大挙して日本を訪れ、日本製品の購入をほぼ倍増させている。

しかし、ソウル在住の32歳の女性、パク・ハヌルさんにとって、状況はそれほどバラ色ではない。会社員のパクさんは仕事のかたわら、投資目的でここ1カ月に日本円を約11万円購入した。ただ、今のところ、少なくともパクさんの期待通りにはなっていない。 「円が急伸すると期待していた」とパクさんは電話インタビューで語った。 パクさんは円安の終了を予想している韓国の個人投資家の1人だ。韓国銀行(中央銀行)の最新データによると、韓国の銀行の円預金は10月に過去最高に増加した。

円の対ウォン相場は11月16日に2008年以来の安値に下落。その水準から3%近く戻したとはいえ、年初来ではなお9%下落している。パクさんは、円安が続けば、さらに300万ウォン(約34万円)を円投資に充てるつもりだという。 こうした楽観的見方は、日本銀行が近く利上げに踏み切るという予想を反映している。

スポンサードリンク


しかし、ティー・ロウ・プライスは、日米の金利差の大きさから円安が続くと予想。新興国市場および日本株のポートフォリオスペシャリスト、ダニエル・ハーリー氏は先週のリポートで、「円は対ドルで30年ぶり安値から上昇する可能性もあるが、金利差が大幅に縮小することは予想できず、円安は続くだろう」と分析した。 こうした慎重な見方にもかかわらず、韓国の個人投資家は依然として日本に好機を見いだしている。日韓関係の改善が、そうした関心の一因かもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab17b99d2fd65a456b0f8361d78a3d63f8d5e9ed

2014-08-19-sa.jpg

韓国経済はウォン安を背景に発展してきた。一番厳しい造船業の損益分岐点が1ドル 1125ウォン、全体平均で1ドル 1052ウォンだ。 中国の価格低下と量産対応で、韓国は厳しくなっているが、大企業重視で考慮すれば、ウォン安は景気を底上げる。

ただ外資系企業なので、底上げした利益分は自国民への還元ではなく、株主還元でしかない。 そのため外資系企業と政府と緻密な連携が不可欠となる。 経営者が韓国人とは言え次第に外資率が上昇し、韓国に拠点を置く意味が無くなり、難しい立場となっているのは事実。

一方で日本は、同じように円安はGDPを押し上げ、日本政府の対外資産も莫大な利益を得る事が出来る。 大手企業が利益分を社員に還元し、政府も後押ししつつ、政府の利益分を国民へ還元してこそ今の物価高を乗り切れるのだが、岸田にその能力は無い。挙句に政治資金による政治とカネの問題が常に付きまとう。円安か円高下と言う論議はなされるが、大手企業で成り立つ以上は、他国に多くの工場を持つ企業を考慮すれば、適度な円安は重要だ。

がしかし、現行の米国による物価高対応の調整は無理だ。 円安基調が大手企業を押し上げると同時に、莫大に得た政府の余剰資金を活用する必要がある。 日本の金融緩和調整だけで、何とかできるレベルではない。 政府の行動力が重要となる。 今の半導体の動きのような行動がもっと欲しい。 と同時に苦しい中小企業や一般家庭へのしわ寄せは、余剰資金分配で対応するのが一番。

カネに目がくらんでいる自民党の年寄り連中派閥では難しいのも事実。 とはいえ野党では口先だけで心もとない。 今の政治ルールをもっとシンプルにして対応し、国会議員数を減らし、日本を良くするだけのグループと各省庁の改編が重要なのだが…。


関連記事

[ 2023年12月02日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日本に投資する事ばかり述べているが違うだろう
ウォンに対して円安が進めばヒョンデがトヨタに対して競争力を落とす、これが本質だろう。
日本円に対して投資している者が儲かるかどうか何て如何でも良い事。
必死に成って話をすり替えている。
[ 2023/12/02 13:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp