韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、来年の貿易は「雨のち晴れ」…輸出は7.9%増加見込み

韓国、来年の貿易は「雨のち晴れ」…輸出は7.9%増加見込み

韓国の来年の輸出が今年より7.9%増えた6800億ドルを記録するだろうとの見通しが出た。データ保存装置であるSSD(ソリッドステートドライブ)や半導体などIT関連製品が輸出全体の成長を主導する要因に挙げられる。 韓国貿易協会の国際貿易通商研究院が30日に出した「2023年輸出入評価および2024年展望」報告書によれば、来年の韓国の輸出は今年より7.9%増加した6800億ドル、輸入は3.3%増えた6660億ドルを記録すると分析された。貿易収支は140億ドルの黒字と予測された。

研究院は、AI(人工知能)産業の成長などにともなうグローバルIT需要の回復で、SSD、半導体、無線通信機器などの製品が成長を主導すると見通した。半導体の場合、メモリーの単価の回復と需給改善、次世代半導体供給力量の拡大などで今年より輸出が21.9%増えるというのが研究院の説明だ。パソコン、ノートパソコンなどのIT機器の需要回復と単価上昇などによりSSDの輸出増加率は45.6%と提示された。自動車輸出は半導体供給難が多少解消されたことに伴い、電気自動車(EV)の輸出比重が増え、増加傾向を見せると分析された。

研究院は、来年も国際原油価格が小幅に上昇するだろうという展望の下で、石油化学(5.6%)、石油製品(0.4%)などの輸出が増加し、鉄鋼(7.8%)と一般機械(2.3%)も世界的な需要回復に支えられ輸出が成長を記録するだろうと判断した。

スポンサードリンク


研究院によると、残り1カ月となった今年の輸出予想値については前年比7.8%減の6300億ドル、輸入は11.8%減の6450億ドル、貿易収支は150億ドルの赤字を記録するという。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d49c6192f90925f8a3a5f90079ebe57842c1f17

2014-02-23-wa-1.jpg

チョ・サンヒョン研究院長は前日、ソウル市三成洞のトレードタワーで開かれた記者懇談会で「グローバル景気鈍化の中で主力輸出品目である半導体輸出が急減し、最大輸出市場である中国に対する輸出不振などが重なりマイナス成長を記録した」と語った。彼は続けて、来年の韓国の貿易環境について「『雨のち晴れ』と要約できる」として「半導体などIT製品が輸出全体を牽引するとみられる」と捕捉した。

韓国は外資系企業を有益にしつつ、自国内に他国企業を呼び寄せて、合弁会社で対応するしかない。 今の日本との関係で浮き沈みするような連中では難しい。もっと柔軟に対応しつつ協力出来る形態がほしいが…。 今の韓国はより日本をライバル視する政府とマスコミではより問題が大きくなるだけ…。 とはいえ政府の国家予算の過半が外責である以上は、我儘は通用しない…。


関連記事

[ 2023年12月02日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
願望と見通しは別だけどね
相変わらず願望だけは高く、これを見通しとして誤魔化しているが中国の来年の経済衰退はより鮮明化して来た、アメリカもBEVの補助金の排除を鮮明化したし、中国はカーボンの輸出規制を強化するし、半導体は日米の連携強化で韓国の衰退は鮮明に成って来て居る。
韓国の景気が明るくなる要素が無い、中国では大学を卒業しても多くの者が職に就けない状態、韓国も中国の後を追いかけている。
せめて嘘でも来年の景気見通しは明るいとでも言わないと暴動が発生する。
[ 2023/12/02 13:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp