韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  ドックも労働力も足りません…海外に向かう韓国造船業界

ドックも労働力も足りません…海外に向かう韓国造船業界

10年以上続いた長期低迷から抜け出し、好況を迎えた韓国の造船業界が最近、海外生産拠点の構築を再検討している。2000年代初めから半ばにかけての好況では、人件費を節減するためフィリピン、中国などに大規模造船所を建設した。

その後不況で安値で売却した例もあるが、当時の失敗を教訓に国内の熟練工を派遣し、生産効率を上げたベトナム合弁造船所など成功例もある。4~5年分の受注を蓄積する中、韓国国内での慢性的な人材不足を打開し、最近事業を拡大している軍艦など防衛産業分野では海外にも生産拠点を設け、競争力も高める狙いだ。

ハンファオーシャンは今年9月の理事会(取締役会)で米国法人の設立を決議した さらに、先ごろには増資で調達した1兆4971億ウォン(約1,710億円)のうち約4200億ウォンを海外への防衛産業拡張に向けた生産拠点構築と艦船の整備・修理・分解点検(MRO)企業の株式取得に充てる計画を明らかにした。60兆ウォンに達するカナダ潜水艦事業の受注など海外事業を拡大するために北米に生産拠点を確保する動きとみられる。米ペンシルベニア州フィラデルフィアにある「フィリー造船所」の買収説も浮上した。

スポンサードリンク


HD韓国造船海洋の子会社、HD現代重工業がアラムコなどサウジアラビアの国営企業と合弁で現地に建設した造船所IMIも今月から試験稼働に入った。大型ドック3個、巨大クレーン4基、岸壁7つなどを備え、年間40隻以上を建造可能だ。来年下半期に本格稼働に入り、造船所の株式20%を保有しているHD現代重工業は近隣に追加で船舶エンジン工場も建設している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/74da96022461f80fdde8d41293391c69911dcd6a

2023-12-03-k002.jpg

韓国造船海洋プラント協会によると、受注増加に対応するため、2027年までに約4万3000人の増員が必要と試算されている。造船業界関係者は「韓国の造船所の最も優れた競争力は建造能力と納期順守だったが、慢性的な人材不足で中小造船会社だけでなく、大型造船会社もスケジュールに支障が出ているという。

HD現代重工業はフィリピンのスービック造船所の設備を借用し、これまでにフィリピンに輸出した軍艦の修理を行う計画で、メンテナンス事業への進出として今後の新造船事業拡大している。 ただ韓国造船は赤字であるから、低コスト受注が響き、赤字覚悟の受注から、黒字変換しようとしているが、重労働と重なり退社する人材も多く、難しい舵ととなっている。


関連記事

[ 2023年12月03日 07:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
勢いだけ
いつも最初は勢いある韓国だが、米国での造船所買収は難しい。
特に軍が絡むと、情報流出の懸念から事前にSECに撥ねられる。
特に韓国の場合、米議会の心証が悪いので無理だろう。
バイデン政権は、10~11月にかけて、連邦下院への新たな
連邦予算要望書の中で、造船所の再建に30億ドルを計上していた。
米造船所を買収する気満々の韓国は、いくら出せるだろう。
いまの韓国は、外貨不足で苦しい台所事情ではなかったか。
[ 2023/12/03 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp