韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  警察庁が主催する原付免許で乗れる125ccバイク「新基準原付」の走行評価が終了…2023年12月に決定

警察庁が主催する原付免許で乗れる125ccバイク「新基準原付」の走行評価が終了…2023年12月に決定

2025年の環境規制強化で、このままだと排気量50ccのガソリンバイクの新車が国内から消えることになります。そこでこの規制に対応する新しい免許基準が生まれようとしています。排気量50ccまでしか運転できない原付免許でしたが、排気量125ccまでの一部のバイクの運転を可能とする“新基準”の策定です。

原付免許の新基準の検討は、現行の道路交通法施行規則に定められた原動機付自転車の基準「総排気量については50cc、定格出力については0.6kW」という規程の中の排気量を125ccとし、さらに、新たに最高出力基準を導入して、原付免許で運転できる125ccバイクの部分制限できるかを見極めます。

警察庁が2023年9月に立ち上げた「二輪車車両区分見直しに関する有識者検討会」では、現行の原付バイクより車体の大きな125ccバイクを「新基準」とした場合、原付の実技講習を受けずに普通免許で運転する人や高齢者でも、違和感なく運転することが可能かどうかが焦点になっています。

スポンサードリンク


有識者検討会では同年10月、日本自動車工業会などの協力で12台のバイクを用意。現行基準の原付バイク、現行の125ccバイクを新基準に合わせた「新基準原付」、そして現行の125ccバイクの3区分に分類し、運転技能試験官12人による走行評価を行ないました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/902068649e3bbf9f5c947ad3943829197802c9e8

2023-12-03-k005.jpg

ホンダの5車種がほぼ決定しそうだ。 PCXやCB50Rも含まれる。馬力をおとして売られるわけだが、125㏄というだけでトルクは50㏄よりも大きいわけで、出だしやと登坂能力は、現行125㏄と比較しても大きく劣らないだろう。 そんな原付が30km制限と言うのは無理があるように感じるが…。 しかもPCXやCB50Rは車体がバカでかい。 CB50Rは250cc並みの大きさとなる。

原付ファンにとっては有難いが、最高速度だけが抑えられる格好となる。 バイク好きの私にとっては有難い。原付二種を取るには高齢者には難しいしカネもかかる。重量や取り回しでの事故多発と、出だしの加速による高齢者暴走が気になるが、試験監によるテスト走行で決まテイルとの事で、バイク好きにとっては興味がある。 

果たしてどうなるのやら~。 リミッターカットの問題もあり、今後もう少し詳細な取り決めがあるだろう。 ただスタートはホンダ車一色なので、ヤマハやスズキも似た車種を原付として出してくる可能性が高い。 車運転する人から見れば、かなりでかいバイクがウロチョロするのは邪魔くさいが…。


関連記事

[ 2023年12月03日 08:22 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
値段はどうなるなの?
この基準変更は、少子化で50cc原付の販売数が伸び悩んで儲からないバイクメーカーが、
国内販売用の50cc原付とアジア輸出用の125ccバイクを共通プラットホームにして、
国内販売の損失を穴埋めしたいという要望から始まったこと、と聞いている。
共通化するなら、エンジンだけにしてほしいところだ。
[ 2023/12/03 15:57 ] [ 編集 ]
原付EV
原付の主な用途である、郵便配達とデリバリはEVに移行する。
125cc化は、どうでもいいことの規制いじりだろう。
郵便配達はホンダ独占、ホンダのペースで切替進行する。
[ 2023/12/03 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp