韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  政争に埋もれた韓国経済

政争に埋もれた韓国経済

世界的格付け会社ムーディーズが最近中国の格付けを「安定的」から「否定的」に引き下げ、来年の世界経済見通しがさらに暗くなっている。まず原油価格が急落して憂鬱な見通しが出ている。来年の世界経済が今年と同水準の遅々として振るわない成長を継続するというのが大まかな分析だ。

韓国も変わらない。内外の主要機関は来年の韓国の経済成長見通しを下方修正している。国際通貨基金(IMF)は最近これまでの2.4%から2.2%に0.2ポイント下げた。韓国銀行は2.2%から2.1%に、韓国開発研究院(KDI)は2.3%から2.2%にそれぞれ0.1ポイントずつ低くした。数字上では今年の成長見通し1.3~1.4%よりましだが国民が体感するのは難しいだろうと分析される。

こうした苦しい経済環境から抜け出す方法はないだろうか。中央日報が経済・経営学界、国策研究機関研究員、金融市場専門家など経済専門家41人を対象に先週実施したアンケート調査で専門家らは最も喫緊な経済政策課題として「輸出再整備と新産業振興」(31.7%)を挙げた。輸出市場を多角化し半導体のように韓国経済を牽引する新しい成長動力を見つけなければならないという注文だ。

スポンサードリンク


輸出もそうだが新産業振興は政府や企業の意志だけではできない。関連法上の根拠を作り、これを基に体系的な支援を後押ししてこそ企業も投資をして成果を出すことができる。そうするには立法権を持っている国会の支援が必要だ。だが国会は来年の総選挙を控えてどのようにすれば自分の食い扶持を守れるか没頭するのに夜が明けることも知らずにいる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a863325584f3a0cf57594f7de92a820b6a044040

2015-07-18-wa.jpg

使用済み核燃料(高レベル放射性廃棄物)の処理・貯蔵施設設置の根拠を盛り込んでいる「高レベル放射性廃棄物管理特別法」だけでなく、「人工知能(AI)基本法」「企業構造調整促進法」も見通しが立たない。AI産業育成に向けたAI基本法、企業構造調整促進法まで進展がないのは理解し難い。これらの法案は政府と国会ともに法案制定の必要性に共感を形成しているけれど、政争の人質にされて処理が先送りされている。

8日に電気自動車など未来産業育成に向けた「未来自動車特別法」が国会本会議を通過したが、発議して2年ぶりだ。経済政策は何よりタイミングが重要だ。後になって騒ぐ政策では市場を先取りするどころか市場に進出して競争するのも厳しい。


関連記事

[ 2023年12月11日 07:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
管理人さんが、韓国ダメ出し記事をピックアップした。
外野にいる日本人の代表発言でしょう。

>輸出再整備と新産業振興

K-Popとか、新産業で頑張るしかない。
売上が小さければ、全体経済を縮小均衡して我慢。
日本国内も産業の様変わりで廃業がでている。
目下、中国事業の縮小撤退で持ち切りなようで。
[ 2023/12/11 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp