韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  テスラが安全上の欠陥でEV車160万台超をリコール

テスラが安全上の欠陥でEV車160万台超をリコール

国家市場監督管理総局が5日に発表したところによると、テスラ(上海)有限公司、テスラ自動車(北京)有限公司は「欠陥自動車製品リコール管理条例」と「欠陥自動車製品リコール管理条例実施弁法」の要件に従い、市場監督管理総局にリコール計画を提出した。

それによると、2022年10月26日から2023年11月16日までの期間中に生産された輸入電気自動車Model SとModel Xの一部、計7538台を即日リコールするということだ。 これらのEV車はドアロックの解除に不具合があり、衝突が起こった場合、衝突した側とは反対のドアのドアロックストライカー(車体に取り付けられたフックやピンが、ドアロック内にあるラッチと噛み合うことでドアをロック状態にしておく機構)が自動的に外れてドアがアンロック状態になるという安全上の欠陥があるという。

テスラ自動車(北京)有限公司はOTA(Over The Air)というインターネット経由で自動車のソフトウエアを更新する技術を使って、リコールした自動車の車載ソフトウエアを無料で更新し修正を行うという。  

スポンサードリンク


さらに、2014年8月26日から2023年12月20日までの期間中に生産されたModel S、Model XとModel 3の輸入EV車の一部および中国製のModel 3とModel YのEV車、計161万105台を即日リコールするという。これらの車両には、自動補助ステアリング装置の機能がONの状態で、運転者が運転支援機能を誤使用するリスクがあることから、車両衝突の危険性が高まり、安全上のリスクが生じる恐れがある。
https://www.recordchina.co.jp/b926554-s12-c20-d0165.html

2024-01-07-k003.jpg

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは事実上、中国でこれまで販売した全ての車をリコール(無料の回収・修理)した。自動運転支援システム「オートパイロット」が衝突の危険性を増す問題が理由だという。中国の国家市場監督管理総局が発表したところによると、テスラは2014年8月から23年12月までに生産された160万台余りを対象に、ソフトウエアの修正を無線で行う。対象車には中国で生産された「モデル3」と「モデルY」に加え、輸入された高級モデルも含まれる。 NHTSAはテスラの修正の有効性を監視し、すでに数年にわたっている欠陥の調査を継続する方針だと明らかにした。


関連記事

[ 2024年01月07日 08:15 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp