韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  拡大する中国半導体市場…米下院「旧型半導体チップも制裁しなければ」

拡大する中国半導体市場…米下院「旧型半導体チップも制裁しなければ」

日増しに拡大する中国の半導体装備市場支配力に追加制裁すべきとの声が米下院議員の間で出ている。最新型だけでなく旧型チップ産業でも追加制裁すべきという立場だ。米下院超党派議員は主要産業である旧型マイクロチップ分野でも大きくなる中国の支配力を防ぐために強力な措置が必要だという内容の書簡をバイデン政権に送ったとウォール・ストリート・ジャーナルが8日に報道した。

議員は書簡で中国の新型(高性能)チップはサイバー戦争と人工知能、クラウドコンピュータに重要な役割をしているとし、旧型チップは家電製品、自動車、防衛産業など米国にも戦略的重要性を持った分野で核心になっているとした。彼らは「中国が必須技術製品分野の支配的供給者になり、その地位を利用して海外の競合を脅かしかねない」とし、一例として太陽光産業を挙げた。中国が太陽光電池パネル供給網を掌握した後に低価格で海外の競合を締め出したことで自国企業が圧迫を受けたということだ。

また、中国が現在の制裁にもかかわらず半導体装備市場を拡大する点を懸念したりもした。半導体市場調査会社のSEMIによると、中国のチップ企業は今年生産量を12%拡大するものと予想される。特に中国は昨年、世界市場の3分の1に達する300億ドルの半導体装備を調達していたことがわかった。

スポンサードリンク


このように大きくなる中国の半導体市場にバイデン政権も今月から米国の半導体供給網調査に入る予定だ。バイデン政権は最近CHIPS法に基づき530億ドルに達する補助金措置をしている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/55e055ea66b6f5ebe2eefe6ff5c74d6eaebbdd0a

2015-02-18-wa.jpg

中国国内のスマートフォン市場では、中国メーカーが約67%のシェアを占めている。 世界有数の巨大市場である中国において、自国メーカーのシェアが高いことが、世界シェアを大きく占めていることにもつながっている。最近ではoppoやシャオミーなどが高性能スマホを次々発売している。

また日本のシニア層がAndroidを選んでいる。最も大きな理由としては、ずばり機種の本体価格。 iPhoneがそのブランド力で本体価格がかなり高めなものだけなのに対し、Android系スマホの多彩な機種のラインナップには、スペック抑え気味のリーズナブルな機種があり、それがシニア層には受けているようだ。


関連記事

[ 2024年01月09日 08:17 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp