韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国サムスン電子、4四半期連続で減益…スマホ市場首位から陥落

韓国サムスン電子、4四半期連続で減益…スマホ市場首位から陥落

香港(CNN) 半導体メーカー世界大手の韓国サムスン電子が1月31日に発表した2023年10~12月期決算は、営業利益が前年同期比35%減の2兆8000億ウォン(約3100億円)だった。減益は4四半期連続となった。

サムスンの決算発表からは、消費者向けの端末とそれらを稼働させる半導体に対する需要が依然として低迷していることがわかる。営業利益は落ち込んだものの、サムスンは今年のモバイル端末需要の復活について楽観視している。

サムスンは投資家に対し、24年はスマートフォン市場が回復し、特に人工知能(AI)を搭載したスマートフォンなどの新製品の発売によって需要の改善が促進されると説明した。

スポンサードリンク


サムスンは長年にわたり、スマートフォンの販売台数で世界首位の座にあった。しかし、23年10~12月期は米アップルに首位の座を譲った。調査会社IDCによれば、23年のスマートフォンの世界市場はアップルが20.1%のシェアで首位に立った。サムスンは19.4%だった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fa1b8651a86a81b6122c0702cceffd66bcd3af0

2012-10-06-samsung.jpg

韓国サムスン電子の2023年10-12月期の純利益は74%減の6兆200億ウォン(約6660億円)。主力の半導体部門の損益は2兆1800億ウォンの赤字と損失となった。営業利益は2兆8000億ウォン、売上高は67兆8000億ウォンと、今月上旬に発表された暫定集計の数字とほぼ一致した。サムスンは決算資料で「金利政策や業界の減産などの要因に伴う変動にもかかわらず、メモリー事業は回復を続けると予想している」と説明している。

また株価が低迷しているのは、同社が高帯域幅メモリー(HBM)でSKハイニックスの後塵を拝し、ファウンドリー事業で台湾積体電路製造(TSMC)に大きく後れを取っているいるためとしている。


関連記事

[ 2024年02月02日 08:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
サムスンのスマホが凋落し始めたようだ。
前にアップルが疾走しており、後ろから中国メーカーが猛追している。
いまサムスンはGalaxyのインド市場開拓に忙しいが、ちょっと調べてみたら、
自慢のULTRAは高額過ぎてパスされ、旧モデルS23の在庫が大幅に値引き販売されている。
さらに新モデルS24は旧モデル並みの価格だ。だから旧モデルの在庫処分が捗らない。
サムスンはスマホの主要販売先を新興市場にシフトするようだが、インド人はこの手のガジェットに厳しい。需要が見込めればアップルも本気で乗り出してくる。
サムスンのスマホは新興市場でも厳しい競争に直面するだろう。
[ 2024/02/03 06:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp