韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  旅行は海外、消費は個人輸入で…エンデミックのジレンマで内需ダメージ=韓国

旅行は海外、消費は個人輸入で…エンデミックのジレンマで内需ダメージ=韓国

韓国では、コロナ禍のソーシャルディスタンスが解除されれば消費が増えるだろうという期待とは裏腹に内需不振が続いている。海外旅行に出かける人々が増えたうえ、海外からの直接購入(個人輸入)額まで歴代最高を記録しながらだ。特に、ソル(旧正月)を控えて小商工人(自営業者)や伝統市場の商人が感じる体感景気はこれ以上なく冷え込んでいる。

1日、韓国統計庁によると、昨年の小売販売は前年比1.4%減り、2022年(-0.3%)に続いて2年連続で減少した。昨年減少幅は2003年(-3.2%)以降、20年ぶりに最大だ。内需不振が長期化し、さらに深くなったということだ。韓国政府は高金利と高為替レートの影響で消費が減少したと説明したが、海外旅行と個人輸入が増加したことも相当な影響を及ぼしたという分析だ。国内居住者の海外消費を意味する国外消費支出は昨年1-3月期、前年同期比85.9%増加した。4-6月期(85.1%)、7-9月期(80.8%)など、昨年通して80%超える増加率を示した。

韓国観光公社によると、海外旅行に出かけた内国人数は昨年2271万6000人で、前年(655万4000人)に比べて246.6%増加した。海外旅行が増えて国外支出が同時に増加した。使えるお金は限られているが、海外消費が増えれば国内支出は減る。

スポンサードリンク


内需不振は経済成長率に悪影響を及ぼす。韓国銀行経済統計局のシン・スンチョル局長は「経済成長率自体が低くなったうえに民間消費もまた成長率よりも下回る流れを見せている」と話した。内需不振は今年も続く展望だ。現代経済研究院経済研究室のチュ・ウォン室長は「現在としては金利が下がらない限り、内需が反騰するほどの余地がはない」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c19f79a4bc524e0be58fdac1dbfdd6a18dbd3840

2015-03-06-wa.jpg

韓国人に人気の海外旅行先は、日本、中国、ベトナム、アメリカ、フィリピンと、5つのうち4つがアジア諸国となっている。 日本と中国は距離が近いため飛行機代が安いことが人気の理由となっており、日帰り旅行を楽しむ韓国人も存在する。 ベトナムやフィリピンは物価が安く庶民にも人気だ。 2023年一年間の訪日外国人旅行消費額は2019年比9.9%増の5兆2923億円となり、過去最高となった。国・地域別では台湾が全体の14.7%を占める7786億円となりトップ。次いで中国が14.4%を占める7599億円、韓国が14.1%を占める7444億円、米国が11.5%を占める6062億円、香港が9.1%を占める4795億円となり、これら上位5カ国・地域で全体の63.7%を占める結果となった。


関連記事

[ 2024年02月03日 07:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
"エンデミックのジレンマ" は、中央日報の造語のようだ。
韓国は、業者も消費者も、動くか留まるかの迷い。
いざ動くと、消費者は国内小売をパスする動き。
無策で眺めていたのか?

一方、日本国内の小売業界はアフターコロナに成功したようだ。
日本全体で、消費のプロモーションが成功したのだろう。
[ 2024/02/03 12:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp