韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  USBに超音速戦闘機KF21内部資料が…韓国航空宇宙産業に派遣されたインドネシア技術者らを摘発

USBに超音速戦闘機KF21内部資料が…韓国航空宇宙産業に派遣されたインドネシア技術者らを摘発

韓国航空宇宙産業(KAI)で勤務していたインドネシアの技術者らが、韓国型超音速戦闘機KF21関連の内部資料を持ち出そうとして摘発されていたことが確認された。2日に防衛事業庁(防事庁)などが明らかにしたところによると、インドネシアからKAIに派遣されてKF21の開発に参加している技術者らが、開発の過程などを収めた資料をUSBメモリに保存し、持ち出そうとして摘発される事件が1月に発生した。

韓国軍関係者は「(インドネシアの技術者が)会社の外へ出る際、検索台で摘発された」とし、「国家情報院(韓国の情報機関。国情院)と防事庁、防諜司令部(韓国軍の情報部隊。防諜司)などに通知し、現在は調査機関で調べが進んでいるところ」説明した。国情院や防諜司などからなる調査チームは、インドネシア人技術者らが持ち出そうとしていた情報を確認しているところだと伝えられている。インドネシア人技術者らは現在、出国が禁じられた状態だという。

インドネシア人技術者らがどのような資料を盗み出そうとしたのか、正確には確認されていないが、技術者らが持ち出そうとしたUSBには相当な量の資料が保存されていたと伝えられている。

スポンサードリンク


防事庁の関係者は「インドネシア人技術者が確保したKF21の技術資料には、戦闘機の『目』となるAESAレーダーなどアビオニクス装備に関するものが含まれていたという報道が一部メディアから出ているが、現在調査中の事案であって、全く確認されていない状況」だとし、「憶測に基づいた報道は控えてほしい」と語った。別の韓国軍関係者は「現在までに軍事機密や防衛産業技術保護法に抵触する資料は見つかっていない」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/87ae8f48402854767a2f4ada3ebee61b8fb12fa3

2024-02-04-k001.jpg

インドネシアは2016年1月、KF21開発費用の20%に当たるおよそ1兆7000億ウォン(現在のレートで約1884億円。以下同じ)=その後、およそ1兆6000億ウォン〈約1773億円〉に減額=を26年6月まで負担する代わり、試作機1機と各種技術資料の移転を受け、戦闘機48機をインドネシアで現地生産するとしたが、予算不足などを理由に事業負担金をきちんと納付せず、およそ1兆ウォン(約1108億円)を延滞していた。 

インドネシアの苦しいコスト状況が明るみに出た記事だが、そもそも韓国戦闘機への協力とはいえ、レベルが低い戦闘機であるわけで、現実には練習機程度にしか使用できないと考えるが…。今月のインドネシア次期大統領選で、新しい大統領はどう考えるのかが重要となる。


関連記事

[ 2024年02月04日 07:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp