韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  生産拠点移転と電気自動車不況…韓国のバッテリー輸出、8年ぶりに鈍化

生産拠点移転と電気自動車不況…韓国のバッテリー輸出、8年ぶりに鈍化

韓国のバッテリー(二次電池)産業が年間100億ドルの大台を目の前に控え輸出成長が一段と弱まった。昨年の輸出額は8年ぶりに減少し、今年に入ってからは1月の輸出額が1年前より25%以上減少した。韓国のバッテリーメーカーの生産拠点移転と電気自動車需要の鈍化にともなう二次電池需要の減少が影響を及ぼした。

韓国関税庁と産業通商資源部などが4日に明らかにしたところによると、昨年の二次電池関連輸出額は98億2600万ドルで前年より1.6%減少した。二次電池輸出額が前年比で減少したのは2015年の3.3%減から8年ぶりだ。問題は今年も二次電池輸出不振が続いている点だ。関税庁によると、先月の二次電池輸出額は5億9000万ドルで1年前より26.2%減少した。韓国政府が分類する15大主力輸出品のうち半導体と自動車を含む13品目の輸出が増えた中で、二次電池と無線通信機器(14.2%減)だけ輸出が減少した。

産業通商資源部は1月の二次電池輸出不振と関連し「鉱物価格下落と主要OEM(相手先ブランドによる生産)企業の電気自動車生産計画延期・縮小にともなうバッテリー在庫調整などが複合的に作用した」と診断した。

スポンサードリンク


韓国政府はメーカーの生産基地移転を二次電池成長が鈍化した原因のひとつに選ぶ。昨年サムスンSDI、LGエナジーソリューション、SKオンの韓国バッテリー3社が米国のインフレ抑制法などに対応し、米国や欧州での工場稼動を本格化した。韓国企業が作ったバッテリーでも海外で生産された分は現地顧客に供給する。それだけ海外生産基地製品が韓国の輸出を代替しているという意味だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/25a54ca0dd04bfb47ecf7573d98e7b2913e1721b

2024-01-16-k006.jpg

電気自動車市場の成長が鈍化した点も二次電池輸出に悪影響を与えている。と同時に東アジア地域でのスマホ事業においては中国スマホが優位になっている。これはインド地域でもいえる事となる。なので韓国バッテリー事業は押され気味だ。記事にある様にKOTRA(大韓貿易投資振興公社)は先月25日に出した報告書を通じ、輸出割合4位である中国の景気回復遅延、中国・韓国など企業の競争深化などを挙げている。昨年中国への二次電池輸出額は前年比17.3%減少したとしているが実態はもっと厳しいと考える。


関連記事

[ 2024年02月05日 07:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp