韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  DRAMは回復しているが…サムスン電子、ファウンドリーで悩み

DRAMは回復しているが…サムスン電子、ファウンドリーで悩み

サムスン電子が1年ぶりにDRAM事業で四半期黒字を出した。メモリー半導体業況が回復傾向に入った影響だ。ただファウンドリー(半導体委託生産)事業の不振と家電・テレビ部門の沈滞は相変わらずだった。

サムスン電子は先月31日、連結基準で昨年10-12月期に売り上げ67兆7800億ウォン、営業利益2兆8200億ウォンを記録したと公示した。前年同期と比較して売り上げは3.81%減り、営業利益は34.4%減少した。昨年1-3月期の6400億ウォンから3四半期連続で営業利益が増えたが、四半期利益4兆ウォン前後を予想した市場見通しには満たなかった。昨年サムスン電子の全営業利益は6兆5700億ウォンで前年比84.9%減った。年間営業利益が10兆ウォンを割り込んだのは世界的金融危機があった2008年以降で初めてだ。半導体不振の影響が大きい。昨年半導体(DS)部門は年間14兆8800億ウォンの赤字を記録した。

DS部門を見ると、昨年10-12月期の売り上げが21兆6900億ウォン、営業損失が2兆1800億ウォンを記録した。四半期当たり4兆ウォン台の赤字を記録した上半期よりは良いが依然として2兆ウォン台の損失を出した。IT製品需要の回復と人工知能(AI)市場拡大、メモリー半導体価格上昇などによりDRAM事業は1年ぶりに黒字を出した。

スポンサードリンク


サムスン電子は「PCとモバイル製品のメモリー搭載量が増加し、生成AIサーバー需要が増加した」と説明した。今年はやはり高帯域幅メモリー(HBM)、DDR5など高付加価値メモリーを前面に出して本格的な業績反騰に出る。ただサムスン電子が莫大な投資を継続しているファウンドリーとシステムLSI事業部は依然として兆単位の赤字に陥っている。サムスン電子は「顧客の在庫調整と世界的に景気回復が遅れ市場需要が減少した」と明らかにした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fcce29580fd7e3fe6b4e0095f6ab4c62de11d950

2016-03-07-sa.jpg

記事では、サムスンは半導体売り上げの70%を超えるメモリーへの偏りを低くするためファウンドリーなどシステム(非メモリー)半導体事業に集中投資しているがまだ明確な成果を出せずにいる。世界1位のファウンドリーである台湾TSMCとのシェア格差は昨年7-9月期に45.5ポイントと広がったとしている。

また日本政府が、韓国のサムスン電子が日本国内で設立する半導体研究開発拠点に200億円を補助する方針を固めている。サムスン電子は、横浜市のみなとみらい地区に、半導体の研究開発拠点「アドバンスド・パッケージ・ラボ」を設立する。「後工程」とよばれる半導体の製造工程で、先端チップを3D上に積み重ねてパッケージングする次世代技術を開発する狙いだ。


関連記事

[ 2024年02月05日 08:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp