韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  OECDが韓国の24年成長率を2.2%に下方修正

OECDが韓国の24年成長率を2.2%に下方修正

韓国企画財政部によると、経済協力開発機構(OECD)は5日に公表した経済見通しで、韓国の今年の経済成長率を2.2%と見通した。昨年11月に発表した成長予測は2.3%だったが、下方修正した。

OECDは今年の世界経済の成長率を昨年11月の2.7%から2.9%に上方修正した。韓国の2大貿易相手国、中国と米国については、中国を4.7%で据え置いた一方、米国は1.5%から2.1%に引き上げた。 日本の成長率は1.0%で据え置き。 韓国の昨年の成長率は1.3%とした。これは韓国銀行(中央銀行)の数値(1.4%)より低い。OECDは例年3月に発表する経済見通しを前倒ししたため、一部数値が反映されなかったもようだ。

韓国の来年の成長予測は、昨年11月と同じ2.1%。今年の韓国のインフレ率は2.7%で据え置いた。

スポンサードリンク


企画財政部の関係者は、OECDの今年の韓国の成長率予想について、「全般的に韓国政府の見通しを反映した結果と理解している」と説明した。韓国政府と国策シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は今年の成長率を2.2%と予想。韓国銀行(中央銀行)は2.1%、国際通貨基金(IMF)は2.3%としている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f61478320deae54a332f28d73516e4e04223358d

2024-02-06-k001.jpg

経済協力開発機構は、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。1961年にヨーロッパ経済の復興に伴い、ヨーロッパの西側諸国と北アメリカの2国が、自由主義経済や貿易で対等な関係として発展と協力を行うことを目的として発展的に改組され、現在の経済協力開発機構(OECD)が創立された。

経済協力開発機構の目的は、次のことを意図した政策を推進することにある(OECD条約第1条)。
経済成長:加盟国において、財政金融上の安定を維持しつつ、できる限り高度の経済成長及び雇用並びに生活水準の向上を達成し、もって世界の経済の発展に貢献すること。
開発:経済的発展の途上にある加盟国及び非加盟国の経済の健全な拡大に貢献すること。
貿易:国際的義務に従って、世界の貿易の多角的かつ無差別的な拡大に貢献すること。


関連記事

[ 2024年02月06日 07:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp