韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  中国が韓国最大の越境EC輸入元に

中国が韓国最大の越境EC輸入元に

韓国統計庁がこのほど発表した最新データによると、韓国では2023年の中国からの越境EC輸入額が前年から121.2%の急増で3兆2000億ウォン(約3540億円)を超え、韓国全体の越境直接購入額の48%を占めました。中国は初めて米国を抜き、韓国にとって最大の越境EC輸入元となりました。

韓国の消費者がネット通販による越境ECで購入した商品を具体的にカテゴリー別で見ると、スポーツ・レジャー用品の増加率が6割以上に達し、次いでアパレル・ファッション類と生活・カー用品類の直接購入金額も3割から4割の増加となりました。中国の越境直接購入市場が急拡大している主な要因としては、韓国の高い物価を背景に、中国の越境ECプラットフォーム2社が、中国の販売者と韓国の消費者を直接つなぐことで、価格競争力を高めていることがあります。

このほかにも、豊富な商品の種類、多様な販促プロモーション、早くて効率的な配送、無料返品、全額返金保障政策などが韓国の海外通販消費者の人気を集めています。

スポンサードリンク


中国越境ECプラットフォームは今後も引き続き消費ユーザー層を拡大するため、現地戦略を強化し、手数料ゼロで韓国ブランドを誘致し、消費者が中国からの越境商品と韓国の現地商品を一括で注文できるようにしています。構成するブランドが増えるのに伴い、中国の越境ECプラットフォームのターゲットユーザーは中高年層にも拡大されつつあります。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0774fb659ebc55a720200824fc3162f7c8a8b85d

2024-02-06-k002.jpg

越境ECは日本国内のECサイトと同様に、インターネットを使った通信販売を指すが、自国内向け(母国語)のサイトではなく、外国語のサイトを設けたり、海外のeマーケットプレイスに出店しながら多言語多通貨での対応を行い、国内から海外に発送する形態を用いるため、越境ECサイトを運営する企業側は、世界各国に直接出店するリスクやコストの軽減につながり、且つ商圏は広くなるため、初期投資額を抑えながら世界進出を狙えるとしている。

中国ではEC経済特区が各地に設けられており[13]、タイ王国でも76%の消費者が日本からの購入に関心を示しており、Shopee58%、Lazada30%、FBメッセンジャー20%と、各種越境ECサイトを通じ商品を購入している。2021年時点で、アジア太平洋地域での収益率が最も大きく、大都市圏の若年層人口の増加が大きく影響している。


関連記事

[ 2024年02月06日 08:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp