韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  中国で存在感失う輸入相手国・韓国…30年前の水準まで後退

中国で存在感失う輸入相手国・韓国…30年前の水準まで後退

昨年の中国による輸入に占める韓国の割合が6%台に低下したことが分かった。韓中国交正常化翌年の1993年(5.2%)以来の30年間で最低だ。中国の国・地域別輸入先でも韓国は3位に後退した。これは中国市場で韓国製品が競争力を失い、中国が韓国製品を求めていないことを示しており、韓国の対中輸出不振の現状を物語っている。昨年の対中貿易赤字は過去最高の180億ドルを超えた。米中貿易摩擦で生じたサプライチェーン(供給網)の大転換と中国製造業の競争力向上が重なった結果だ。

韓国貿易協会によると、中国による昨年の韓国からの輸入額は1625億ドルだった。前年に比べ18.8%減少し、中国の輸入全体に占める割合は6.3%に低下した。中国の国・地域別輸入先で韓国はこれまで2位だったが、昨年は台湾(7.8%)、米国(6.5%)に次ぐ3位に後退した。韓国が中間財を輸出し、それを中国が加工した完成品を販売する国際分業体制が崩壊し、石油化学、鉄鋼、石油製品など韓国の主力輸出品目に対する需要が減少したことで、「メードインコリア」は中国市場で存在感が薄れた。

スポンサードリンク


中国がかなりの品目で競争力を付け、自給率を高める中、昨年は韓国輸出を支えてきた半導体景気まで低迷し、中国の輸入に占める割合は7%を割り込んだ。韓国は2013年から2019年まで7年連続で中国にとって最大の輸入先だった。しかし、韓国製スマートフォンや自動車、ディスプレーなどが中国市場から徐々に締め出され、シェアは2017年の9.9%、2019年の8.4%、2022年の7.4%と毎年減少を続けた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/622e5adb07da9ea0df0e5230464242713459e4c6

2024-02-06-k003.jpg

韓国経済は、日韓貿易での貿易収支年約-2兆円を韓米貿易で相殺し、韓中貿易で利益を出す構図で進んできた。日韓貿易分でのマイナス分を他国に変更したりと、自国内で調達したりと工夫はしているが、基本的に特許がらみも多く、難しいというのが実情だ。どこで相殺し、どこで利益を得るのかは大きな課題ではあったが、この構図は恐らくは変わらないだろうとみる。

中国離脱を掲げながらも技術を中国に売るという裏構図もあり、韓中貿易の低下は、韓国外資系企業にとっては大きな痛手だ。半導体で日米台が主導すると、サムスンやSKハイニックスは製造会社であり、設備及び検査は日本企業であるから、衰退せざる負えないが…。


関連記事

[ 2024年02月06日 08:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
韓国の輸入商社の成果が、韓国の輸出商社の成果より
大きいということで、これが中韓FTAの結果。
キムチはその典型例であろう。
[ 2024/02/06 11:25 ] [ 編集 ]
火病発症防止の為反日と反中だな。
[ 2024/02/07 10:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp