韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国型パトリオット10基、サウジに輸出=UAEに続き2例目

韓国型パトリオット10基、サウジに輸出=UAEに続き2例目

「韓国型パトリオット」と呼ばれる弾道ミサイル迎撃システム「天弓2」10基をサウジアラビアに輸出する32億ドル(約4760億円)規模の契約が昨年11月に締結されていたことが6日、分かった。韓国の申源湜(シン・ウォンシク)国防部長官のサウジ訪問に合わせて同部が発表した。

天弓2は韓国型ミサイル防衛(KAMD)の主力兵器として、国防科学研究所の主導で2012年から開発が進められ、韓国軍需企業のLIGネクスワンが製造する中距離・中高度の地対空迎撃ミサイルシステム。17年に戦闘用として適しているとの判定を受け、18年から量産が進められている。最大射程は40キロで、高度40キロ以下で飛行する航空機やミサイルを迎撃できる。

スポンサードリンク


天弓2の輸出は2022年1月のアラブ首長国連邦(UAE)に続き今回が2例目。韓国の防衛産業の競争力が海外市場で認められた証しと評価される。
https://news.yahoo.co.jp/articles/273035061506814a5c6a38b24f044d6fb621376b

2024-02-07-k001.jpg

韓国国防部は韓国とサウジアラビア国防部は、韓・サウジアラビア国防相会談を契機に、2023年11月に韓国LIGネクスワンとアラブ首長国連邦国防部との間で締結したM−SAM−2の砲台10門約32億ドル(約4730置億円)規模の契約を結んだことを6日に公開している。「天弓」は国防科学研究所(ADD)主導のもと、韓国の防衛産業企業であるLIGネクスワンなどが開発した航空機および弾道ミサイル迎撃システムで、交戦統制所と3次元位相配列レーダー、垂直発射台などで構成されている。

誘導弾は弾頭にレーダーと慣性航法装置(INS)、探索機、指令受信機があり、後方には固体ロケット推進機関と操縦翼を備えている。天宮は最大射程距離が40キロメートルに達する。高度40キロメートル以下で接近する敵の航空機とミサイル迎撃に使用される。1つの発射台当たり8基の誘導弾を搭載することができ、1つの発射台で数秒間の短い間隔で単発、連発射撃ができる。数機のレーダー機能を1つのレーダーに統合した3次元位相配列レーダーは、すべての方向から接近する数十の敵のミサイルを同時に探知・追跡することができる。


関連記事

[ 2024年02月07日 07:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp