韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国経済 内需鈍化が続く一方で輸出は回復

韓国経済 内需鈍化が続く一方で輸出は回復

韓国政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は7日発表した「2月の経済動向」で、韓国経済について「内需の鈍化にもかかわらず、輸出が回復傾向で、景気不振が緩和している」との認識を示した。輸出と内需で明暗が鮮明になっている点を強調した。

輸出は半導体と自動車を中心に回復の流れが続いている。1月の輸出は前年同月比18.0%増加し、伸び率は前月(5.0%)を上回った。半導体産業で輸出と生産が大幅に増加し、在庫は減少するなど、堅調な回復が見られる。 一方、内需は3か月連続で鈍化した。高金利が影響している。 商品消費を示す小売販売は昨年12月に前年同月比2.2%減少した。韓国製乗用車(9.7%減)や衣服(6.7%減)、飲料・食品(5.2%減)など多くの品目が振るわなかった。サービス消費も海外旅行と密接に関係する運輸以外の業種は軒並み不振で、全体としてごく小さな増加率にとどまった。建設投資も住宅建築を中心に鈍化している。

内需と輸出の状況の違いは生産部門にも表れているという。サービス業と建設業が低調な半面、製造業は回復傾向にある。景況判断指数も非製造業の見通しは厳しくなったが、製造業の見通しは緩やかな改善が続く。

スポンサードリンク


内需の低迷により物価上昇は抑えられた。1月に消費者物価指数の前年同月比上昇率は2.8%と、半年ぶりに3%を下回った。ただ、中東地域の紛争が原油価格の上昇や輸送の支障など今後リスク要因になる可能性もあると、KDIは指摘した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1f6c9f1b23b636f76e797677dff25ccfbecf4dfc

2024-02-08-k005.jpg

日本は、厚生労働省によると、23年は基本給と残業代などを合わせた名目賃金が、労働者1人当たり月平均で32万9859円と1.2%増加。3年連続の上昇となったが、新型コロナ禍による賞与などの大幅な落ち込みからの反動増が見られた前年(2.0%増)から伸びは鈍化した一方で、実質賃金などの算出に用いる消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)は前年比3.8%上昇。春闘で30年ぶりの高水準の賃上げを達成したものの、物価高騰に賃金上昇が追い付いておらず、生活実感に近い実質賃金の下落に歯止めがかかっていないのが実情だ。

2024-02-08-k006.jpg

物価高による賃金の目減りは、家庭の財布のひもを固くした。総務省が6日発表した23年の家計調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は月額の平均で29万3997円。物価変動の影響を除いた実質では2.6%減少と3年ぶりのマイナスに落ち込んだ。実質賃金のマイナスを解消し、消費に勢いを取り戻すためには、物価高の緩和とともに賃上げが高水準で継続し、中小企業に広がることが必要だが程遠い様だ。


関連記事

[ 2024年02月08日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
>内需の鈍化にもかかわらず、輸出が回復傾向

韓国の国民はメシも食わずに頑張っている、という悲壮感が
ただようタイトルだ。

これを受けた、管理人さんのコメントが、いきなり日本の話で、
いや日本も同じだよと言いたそう
[ 2024/02/09 15:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp