韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  LG化学がGMに正極材供給、2.8兆円規模

LG化学がGMに正極材供給、2.8兆円規模

韓国化学大手のLG化学は7日、米ゼネラル・モーターズ(GM)と電気自動車(EV)バッテリーの中核部材である正極材の供給契約を交わしたと発表した。2035年まで24兆7,500億ウォン(約2兆7,500億円)規模の正極材を供給する。

両社が22年に合意した供給契約の一環となる。LG化学が建設中の米テネシー工場で生産したNCMA(ニッケル、コバルト、マンガン、アルミニウム)と呼ぶニッケル含有量が高い正極材を供給する。

供給量は同工場が稼働する26年から計50万トン以上で、これは航続距離500キロのEV500万台分に相当する規模となる。 一方、GMが調達した正極材は、韓国バッテリー大手LGエナジーソリューションとの米合弁法人に供給される計画だ。

スポンサードリンク


昨年12月に着工したLG化学のテネシー工場は生産能力が年間6万トンで、米国最大の正極材工場になる見通し。LG化学はGMとの連携を通じて、安定的なサプライチェーン(供給網)の構築につなげたい考えだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/785740138a5def875bad5995138ca295ecebec02

2024-02-09-k002.jpg

北米市場で1位のゼネラルモーターズ(GM)と韓国企業の協力関係が強まっている。電気自動車バッテリーから始まった協力関係が、バッテリー素材と電装、半導体にまで続いている。韓米を代表する企業が未来自動車市場をめぐり緊密に協力し新たな自動車同盟も予告している。GMのメアリー・バーラ会長は7日、短く中身の濃い訪韓日程を終え日本に向かった。バーラ会長はこの日、サムスン電子からLG化学まで主要企業の経営陣と会い、未来自動車の全分野にわたって協力関係を話し合った。

GMとLG化学はこの日25兆ウォン(約2兆7871億円)規模の正極材供給契約を結んだ。純電気自動車500万台を生産できる量だ。今回の契約で両社の協力関係は電気自動車バッテリーからバッテリー素材に拡張された。GMとLG化学は2022年7月に正極材長期供給に向けた包括的合意を終わらせている。LG化学は米テネシー州の正極材工場が本格的に稼動する2026年からGMに北米製の正極材を供給する予定だ。


関連記事

[ 2024年02月09日 07:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp