韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  中東サウジで大型受注に成功、存在感増す韓国“K兵器”

中東サウジで大型受注に成功、存在感増す韓国“K兵器”

日本では、防衛装備品の輸出ルールについて議論が続いていますが、韓国では防衛産業が中東で大型受注に成功し、兵器の輸出で存在感を増している。

こちらは6日、韓国企業がサウジアラビア国防省と行ったある契約の署名式。契約の規模は日本円でおよそ4730億円と巨額。一体何かと言うと、韓国が独自に開発した中距離地対空迎撃ミサイル「天弓2」の輸出契約です。「天弓2」は、北朝鮮の弾道ミサイルに対抗する防衛システムの中核を担う兵器とされている。実は韓国、おととしにはUAE=アラブ首長国連邦ともサウジアラビアとほぼ同じ規模で「天弓2」の輸出契約を締結。

「天弓2」以外でも韓国はおととし、ポーランドに戦車や戦闘機など総額1兆円を超える販売契約を結んでいて、アメリカなどと比べ安く、納品が早いことを売りに、兵器の輸出を拡大させている。

スポンサードリンク


韓国政府が防衛産業を国の成長のカギとして重視していることが背景にあり、韓国メディアは大衆音楽の「K-POP」になぞらえ、「K兵器」と呼んでいる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfba02f7e0810a5b5fc744e0c0d90596099a50d8

2024-02-09-k005.jpg

一方で、ロシアとの関係強化を印象づけている北朝鮮。先月開かれた国連安全保障理事会の緊急会合で、アメリカや日本は、北朝鮮から調達した弾道ミサイルでロシアがウクライナを攻撃したと非難。ウクライナ国防省・ブダノフ情報総局長は英「フィナンシャル・タイムズ」紙とのインタビューで、「北朝鮮は現在、ロシアにとって最大の兵器供給国となっている」とした。 また日本では防衛装備品の輸出ルールについて議論が行われている最中だが、その傍ら、朝鮮半島では韓国と北朝鮮が競うように兵器の輸出で存在感を示している。


関連記事

[ 2024年02月09日 07:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp