韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国航空宇宙産業、昨年の営業利益2475億ウォン、74.8%↑…過去最大の売り上げ

韓国航空宇宙産業、昨年の営業利益2475億ウォン、74.8%↑…過去最大の売り上げ

韓国航空宇宙産業(KAI)はこのほど、昨年の連結営業利益が2475億ウォン(1ウォン=約0.1円)と暫定集計されたと発表した。前年度より74.8%増加した。

昨年の売り上げは3兆8193億ウォンで前年より37.0%増加し、歴代最大を記録した。昨年の純利益は2218億ウォンで、前年より91.4%増加した。KAI関係者は「KF21韓国型戦闘機体系開発事業の安定的推進と2020年初めに中断されたT50系列航空機の納品が3年ぶりに再開され、歴代最大の売り上げを牽引した」と説明した。KAIは今年、ポーランドにT-50系列の軽攻撃機FA-50を12機輸出した。

また「新型コロナウイルス感染で停滞していた機体構造物の売り上げが回復傾向に入り、宇宙事業と先端ソフトウェア技術が適用された訓練体系事業など未来事業の売り上げも増加した。営業利益は売り上げ増大による上昇と経営効率性向上に伴う販管比率減少の影響が大きかった」と続けた。

スポンサードリンク


純利益は利子損益と外国為替損益など金融損益増大効果で2016年(2645億ウォン)以来、最大実績を達成した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e059890922e2035c2d2dec9a8cbe03ff21f3f383

2024-02-10-k001.jpg

韓国空軍の特殊飛行チーム「ブラックイーグルス」が操縦するT-50Bが、マレーシアのランカウイ島で昨年5月に国際海洋・航空展示会LIMA(でエアショーを実施した。超音速訓練機T50ゴールデンイーグルとT50系列機体のブラックイーグルス専用機T-50B、超音速軽攻撃機FA-50はいずれも韓国航空宇宙産業(KAI)が生産を担当している。

T-50Bは高度な飛行パフォーマンスを披露するため、T-50を空中曲芸特殊航空機に改造したバージョンだ。機体名の「B」はブラックイーグルスを指す。18台の規模でマレーシア向け輸出が確定したFA-50の場合、T-50をベースに攻撃機能を追加したバージョン。同日、KAIはFA-50、18台を9億2000万ドルでマレーシアに輸出する契約書に最終署名している。


関連記事

[ 2024年02月10日 07:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp