韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、中東への兵器輸出を強化 サウジに4700億円規模

韓国、中東への兵器輸出を強化 サウジに4700億円規模

韓国が中東諸国と防衛産業分野での連携を強めている。国防省は9日までに、独自開発した中距離地対空迎撃ミサイル「天弓2」10基を32億ドル(約4780億円)で輸出する大型契約をサウジアラビアと結んだと明らかにした。

中東歴訪を終えた申ウォンシク国防相は8日の記者会見で「韓国の防衛産業が長期にわたり安定して成長できる環境を整えた」と成果を強調した。

天弓2は韓国版パトリオットと呼ばれ、北朝鮮の攻撃に対応する弾道ミサイル防衛システムの中核を担う兵器。2022年にはアラブ首長国連邦(UAE)と35億ドル規模の輸出契約を締結した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/891da1618dc33bb9670df76b56f948e81a456a8a

スポンサードリンク


2024-02-10-k002.jpg

韓国の文在寅前大統領が22年1月に歴訪した中東で、防衛協力の強化を打ち出し、アラブ首長国連邦(UAE)へは4千億円規模の兵器輸出をまとめた。同国やサウジアラビアは米国頼みの安全保障の多角化を打ち出した。韓国とUAEは文氏の訪問に合わせて国防技術協力に関する覚書を交わした。文氏の訪問に合わせ、韓国の防衛装備品大手のハンファシステムなどが生産するミサイル迎撃システムの輸出が決まり、契約規模は35億ドル(約4千億円)で、単独兵器の契約としては過去最大となった。 さらに韓国は官民で活用促進に取り組む水素エネルギーを巡っても、UAEとの間で共同研究や金融支援に関する覚書を交わしている。その後、韓国が中東諸国と防衛産業分野での連携を強めている。


関連記事

[ 2024年02月10日 07:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp