韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  LG化学、GMと2.7兆円規模の陽極材供給契約締結

LG化学、GMと2.7兆円規模の陽極材供給契約締結

G化学が米国首位の自動車メーカーであるゼネラルモーターズ(GM)から25兆ウォン(約2.7兆円)規模の陽極材供給契約を獲得した。米テネシー州の陽極材工場を中心に現地のサプライチェーンを構築したLG化学は、GMとの協力強化を足がかりに、北米市場での事業規模を拡大する計画だ。

LG化学は7日、ソウル汝矣島(ヨイド)の本社でGMと陽極材供給契約を結んだ。2035年までに陽極材50万トンを供給というのが中心内容となる。これは高性能の純電気自動車(500キロメートル走行可能)500万台分のバッテリーを作れる量だ。金額では24兆7500億ウォン(約2.7兆円)規模。これに先立って両社は2022年7月、陽極材の長期供給のための包括的業務協約を結んでいる。今回の契約は当時の合意を具体化したものだ。

LG化学は米テネシー州のクラークスビルに北米最大規模の陽極材工場を建てている。工場の稼動は2026年からだ。この工場はLG化学が集中的に育成している次世代EVバッテリー用のハイニッケルNCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミニウム)陽極材を生産する予定だ。LG化学は現地の供給網を通じてGMなどの顧客会社が米国インフレ抑制法(IRA)のEV補助金基準を満たすことができるよう対応していく方針だ。昨年12月に着工したテネシー工場は、年間6万トンの生産能力を備える計画だ。

スポンサードリンク


GMのグローバル購買および供給網担当副社長のジェフ・モリソン氏は「今回の契約を基にGMは強力で持続可能なEVバッテリー供給網を作っていく」とし「LG化学と共に北米での供給網を強化する」と述べた。LG化学のシン・ハクチョル副会長は「GMと戦略的協力を続け、北米のEV市場を主導する」とし、「世界最高水準の生産性とグローバル生産拠点の拡大などを通じて差別化された顧客価値を作っていく」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9dc3d5f094d55c30d0954fb3696e13ebd1613602

2024-02-09-k002.jpg

6日に韓国入りしたGMのメアリー・バーラ会長は同日、LG電子のチョ・ジュワン社長とLGエネルギーソリューションのキム・ドンミョン社長に会い、協力策について話し合った。バーラ会長はまた、サムスンの瑞草(ソチョ)社屋を訪れ、サムスンSDIのチェ・ユンホ社長やサムスンディスプレイのチェ・ジュソン社長にも会い、電装事業関連の議論を行った。バーラ会長の韓国訪問は、2016年の会長就任以来初めてとなる。


関連記事

[ 2024年02月10日 07:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
>25兆ウォン(約2.7兆円)規模の陽極材供給契約を獲得した。

「供給契約」というが、どちらの責任が強いのだろう。
LG納入責任がきびしいのか、GMの発注量に責任があるのか。
BEVに台数は下にぶれそうだ。LGの工場が空くかもしれない?
[ 2024/02/11 14:22 ] [ 編集 ]
韓国は外資が逃げる国…

株価対策で空売り禁止。外資が金を儲けると利益持ち出し禁止。言うこと聞かないと拘束。GM韓国工場の社長は二年近く出国禁止を食らった。サムスンの相続対策に異議を唱えた外国投資会社は敗訴。外資が韓国に行くとひどい目にあうことがわかっているので、行ってもすぐおさらばするw。

国も企業も家計も負債まみれ、早く言えば金欠韓国。お金が都合できない計画はご破算である。日本メガバンクは世界で一番低利で融資も潤沢…韓国企業はここにそっぽを向かれたらたちまち窮する。日本が貸さなければ他行も右に倣えで貸し渋る。

韓国が大型投資案件を発表しても鵜呑みにできないのはこれが理由。GMは韓国会社の社長が労組にひどい目にあわされたことを忘れてはいない。このバッテリー契約には『見直し条項』がびっしり付帯しているだろう。

EVやバッテリー工場の投資は二年前なら歓迎されただろうが今は懐疑的になっている。3月に発表される米連銀の利上げ次第で投資計画も変わる可能性がある。5百万台のEVにバッテリー供給計画だが見通しが甘すぎじゃないか?

高価格のEV車・高利ローン…米国人はますますビンボー人になる。
[ 2024/02/11 15:38 ] [ 編集 ]
米国は政府も業界も気付きがおそいから、韓国・中国が
付け込む余地がある。

まず、排出ガスゼロ車(ZEV)を決めた大統領令がでて、
EVが少し売れて実態が分かると、次にEV用充電器普及問題が上がって、
米国産EV検討が始まると、そうか、電池が要るのかと気付く。
電池産業がない米国が、韓国・中国メーカーを支配下に置こう
というのが無理筋だろう。
トランプが出てくれば、もっとグチャグチャになりそうだ。
[ 2024/02/11 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp