韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  23年の韓国焼酎輸出額が10年ぶり1億ドル突破=国別では日本が1位

23年の韓国焼酎輸出額が10年ぶり1億ドル突破=国別では日本が1位

2023年の韓国焼酎の輸出額が前年比8.7%増の1億141万ドル(約150億円)となり、2013年(1億751万ドル)以来10年ぶりに1億ドルを超えた。関税庁が10日までに公開した資料で分かった。

韓国焼酎の輸出額は2018年の9757万ドルから19年8974万ドル、20年8559万ドル、21年8242万ドルと減少してきたが22年に9333万ドルに増加した。 23年の輸出額を国・地域別に見ると、日本が3083万ドルで1位、米国(2355万ドル)、中国(1046万ドル)、ベトナム(793万ドル)、フィリピン(447万ドル)、マレーシア(223万ドル)、台湾(223万ドル)、オーストラリア(198万ドル)、タイ(192万ドル)、香港(184万ドル)と続いた。

最近は「真露」や「チャミスル」のほか、フルーツフレーバー焼酎の輸出も増えているという。業界関係者は「以前は海外で韓国焼酎は現地の韓国系住民を中心に消費されていたが、韓流のおかげで今は現地人の顧客が増加している」と述べた。

スポンサードリンク


一方、2023年の焼酎類の輸入額は170万ドルで、前年比40.4%増加した。日本産焼酎の輸入額が156万ドルで、全体の91.9%を占めた。 焼酎類の貿易収支は9971万ドルの黒字で、前年より8.2%増加した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f9c37f5a0a27ceff49cdcd14b1f4968a5720a0a

2024-02-11-k001.jpg

一般的な日本の焼酎は、麦や米、サツマイモ、サトウキビなど、1種類の穀類やいも類を主原料に造りますが、韓国焼酎では、おもに米、麦、サツマイモ、トウモロコシ、タピオカなど、複数の原料を混合して造っている。最近では、「韓国ドラマあるある」を取り入れたウェブCM『恋スル!チャミスル』シリーズが、累計2,000万回再生を超えるなど、SNSを中心に話題を呼んでいる。


関連記事

[ 2024年02月11日 07:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日本人が『喜ぶから』春節は日本に行こう…だってw

訪日外国人観光客の第一位は韓国。お返しに同じ言い方をしよう。韓国人が『喜ぶから』キムチや焼酎や韓国海苔を買おう。日本が買わなかったら爆死だ。

韓国食品の売り上げ増の92%が日本からだ。日本は韓国を大いに『喜ばせ』助けてやってる。韓国は感謝が足りん。

先客の食い残しを活用する飲食店、中国産小便ビール、中国産裸男漬けキムチが普及する韓国の日常。韓国の食卓は悲惨だと思う。日本を喜ばせなくたっていい、中国産食品食べるのをやめて自国消費したらどお。

『韓国人が喜ぶから』もっと買って~、『韓国人が喜ぶから』もっとほめて~、『韓国人が喜ぶから』もっと~…(ネタ切れ)



[ 2024/02/11 13:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp