韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  北朝鮮、韓国首都圏を狙った240ミリ放射砲に「誘導機能」を追加

北朝鮮、韓国首都圏を狙った240ミリ放射砲に「誘導機能」を追加

北朝鮮が誘導機能を追加した240ミリ口径放射砲弾の射撃実験に成功したと、12日に発表した。

北朝鮮の朝鮮中央通信(中通)はこの日、「国防科学院が11日、240ミリ操縦放射砲弾の弾道射撃実験を実施し、命中性に対する評価を行い、その優越性を検証した」とし、「操縦放射砲弾と弾道操縦体系を新たに開発することに成功した」と報じた。従来の240ミリ口径放射砲弾に誘導機能を加えて正常作動の有無を確認するために射撃実験を行ったという意味だ。北朝鮮が「240ミリ操縦放射砲弾」の射撃実験を公開したのは今回が初めて。

韓国国防部は北朝鮮の240ミリ口径放射砲が休戦ライン一帯の前方に集中配置されており、「(ソウルを含む)首都圏地域に対する奇襲的な大量集中攻撃が可能だ」という判断を示してきた。すでにソウルと首都圏に軍事的脅威になる北朝鮮の240ミリ口径放射砲に、誘導機能が加わり精度が高くなれば、それだけ脅威が高まる可能性がある。

スポンサードリンク


中通は「240ミリ操縦放射砲弾と弾道操縦体系の開発は我が軍の放射砲力量を質的に変化させることになる。国防科学院は240ミリ口放射砲の戦略的価値と効用性が再評価され、戦闘の場で240ミリ放射砲の役割が増大すると確信した」と報道した。
https://japan.hani.co.kr/arti/politics/49128.html

2013-12-17-kim.jpg

金正恩朝鮮労働党総書記兼国務委員長は昨年8月、「大口径操縦放射砲弾生産工場」を現地指導したとしている。「122ミリと240ミリ放射砲弾の操縦化(誘導化)を実現したことは、現代戦準備で重大な変化」であり、「最大の撃破効率を確保できるとした。 一方韓国軍は、飛行時間が非常に短い放射砲弾が『衛星航法システム』(GPS)を備えることは難しく、多額の費用がかかるとし、北朝鮮の操縦放射砲弾は(衛星航法システムの誘導ではなく)翼をつけて方向を調節する程度としている…。


関連記事

[ 2024年02月13日 07:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp