韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  韓国の青年は「求職難」だが…「求人難」の日本では来年の大卒者24%青田買い

韓国の青年は「求職難」だが…「求人難」の日本では来年の大卒者24%青田買い

日本で来春卒業予定の大学生の24%がすでに就職が決まっていることがわかった。来月卒業する大卒者のうち86%も仕事が決まっている。

日本の代表的な株価指標である日経平均が34年ぶりの高値を記録するなど日本経済が好調傾向を見せる中で慢性的な労働力難まで重なり企業が大卒者の青田買いに出たためだ。大学卒業後も求職難に苦しめられる韓国の就職準備生の立場とは全く異なる状況だ。日本の就職情報企業リクナビが1~9日に来年度卒業予定の大学生2270人(有効回答数732人)を調査した結果、23.9%が「就職内定を受けた」と答えた。

日本で大卒者の就職活動は3月ごろから本格化し、夏休み前の6月から企業面接を始めるのが一般的だ。それでもすでに1日基準で来年春の卒業者の内定率が20%を超えたというのはそれだけ大卒人材を先取りしたいという企業同士で競争に火が付いたという意味と解釈される。同じ時期に調査された昨年の19.9%、一昨年の13.5%と比較しても内定率は顕著に高い水準だ。

スポンサードリンク


日本メディアはこれに対して「卒業生優位の就職市場」と評価した。NHKは、「アフターコロナで採用人数を増やそうという企業の間で、必要な人材を得るための競争が激化している。もともと採用活動を前倒しする傾向があった外資系企業やIT企業などだけでなく、ルールを順守していた大手企業の一部でもその時期を早める動きが見られる」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/315319?servcode=300§code=300

2024-02-22-k002.jpg

「青田買い」とは、「良い条件の物や人材をいち早く手に入れること」を指すユニークな表現。 企業の採用現場や不動産業界、オタク用語など幅広い分野で使用されているのが特徴的。 ビジネスシーンにおいては、採用担当や上司などが会話の中で「青田買い」を使う機会が多いことが考えられる。青田買いとは、企業が新入社員の採用を行う際に早い時期に内定を出すことを指す。


関連記事

[ 2024年02月22日 08:17 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
>韓国の大卒者就職率は69.6%

これは多分、一次希望の結果の数字だろう。
実態、若者が食えないとは聞こえてこないから
どこかへ落ち着くのではないか。
[ 2024/02/22 10:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp