韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  輸出増えても内需は不振…韓国の企業体感景気、3年5カ月ぶり低水準

輸出増えても内需は不振…韓国の企業体感景気、3年5カ月ぶり低水準

企業の体感景気が悪化し3年5カ月ぶりの低水準を示した。内需不振と不動産プロジェクトファイナンス(PF)不良の余波などが重なった影響だ。輸出企業の業況は相対的に改善されたが、全般的な体感景気悪化を防ぐことができなかった。

韓国銀行が21日に明らかにしたところによると、2月の全産業業況実績企業景況判断指数(BSI)は前月より1ポイント下落した68を記録した。2020年9月の64以降で最も低い水準だ。昨年10~12月に70を維持し今年に入って2カ月連続で下がった。現在の経営状況に対する企業家の判断を盛り込んだBSIは100より低いほど否定的回答が多いという意味だ。今月の調査は5~14日に全国3305社を対象に実施した。

2月の製造業BSIは前月より1ポイント下がった70となった。業種別に見れば家電製品や自動車など前方産業の電子部品需要減少により電子・映像・通信装備が7ポイント下落するなど体感景気が悪化した。韓国銀行のファン・ヒジン統計調査チーム長は「半導体を中心に輸出は良かったが、内需不振が続いたため該当業種のBSIが大きく下落した」と話した。収益性悪化余波で医療・精密機器が13ポイント下落、石油精製・コークスが7ポイント、BSIが下がった。

スポンサードリンク


企業形態別では内需企業が1カ月間で3ポイント下落し68となった。これに対し輸出企業は2ポイント上がった73で体感景気がやや改善した。内需は高物価、消費減少などで沈んだ状況だ。消費動向を示す小売り販売は昨年12月基準で前月比0.8%減少した。年末まで3%台を守ったが先月2.8%に下がった消費者物価上昇率も依然として高い水準だ。これと違い輸出戦線には薫風が吹いている。産業通商資源部によると、先月まで輸出は4カ月連続のプラスを記録している。先月の輸出増加率も18%で半導体景気回復などに乗り20カ月ぶりに2桁を回復した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a23b5d63be9d8bf60fc8ead863f2a737073c7ec1

2024-02-23-k003.jpg

非製造業の業況BSIは67で前月と同じだった。業種別では建設業が7ポイント下落で不振が明確に現れた。韓国銀行は「不動産PF問題による資金調達金利上昇、原材料価格上昇で収益性悪化が続いたため」と明らかにした。一方、3月の業況に対する見通しBSIは前月比3ポイント上昇した72となった。製造業が75で4ポイント、非製造業が70で2ポイント上がった。 不動産沈滞などで景気が鈍化し、国内の余裕資金が大きく減少している。不景気のため企業は預金の引き出しや借入金で持ちこたえ、政府は税収不足している。


関連記事

[ 2024年02月23日 07:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
押し出されるベンチャー
日本のJETROが分析する韓国内需。
内需振興させると、国内で摩擦が生じる。成長した新興企業は
国外へ出るようにと、韓国政府が後押しする。

スタートアップ企業支援の裏に社会問題
2022年10月11日
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2022/2279046b42428921.html

韓国の商業政策方針
「国内のスタートアップが内需にとどまる限り、伝統産業との摩擦が避けられない。グローバル市場をリードするユニコーンを育成しなければならない」
・・・この政策は、記事の話とよく合う。
[ 2024/02/23 15:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp