韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  2024年中国経済はさらに悪化へ 景気低迷が長期化も 「今後数十年間」の規模か

2024年中国経済はさらに悪化へ 景気低迷が長期化も 「今後数十年間」の規模か

不動産危機や消費の低迷、若者の高い失業率など、多くの問題を抱える中国について、ほとんどの経済学者は2023年の成長の目標約5%をクリアするとみている。

だが、米CNNビジネスによると、この目標はコロナ禍以前の10年間の平均年間成長率約6%を下回るもので、2024年はさらに深刻な状況に陥ると予想され、今後数十年間は景気が低迷し続ける可能性があるという。 中道右派の米シンクタンク「アメリカン・エンタープライズ研究所」の上級研究員デレク・シザーズ氏はCNNに、「中国経済にとっての2024年の課題は、GDPの成長率ではない」と指摘。同氏は、成長率が4.5%を超えるだろうと推測するが、「課題は、そこから先が下方のみということだ」と続けた。

同氏は、大規模な市場改革がなければ、中国は経済学者が言うところの〝中所得国の罠〟にはまる可能性があると予測している。その〝罠〟とは、多くの新興国が経済発展により1人当たりのGDPが中程度の水準(中所得)に達した後、発展パターンや戦略を転換できず、成長率が低下、あるいは長期にわたって低迷することを指す。

スポンサードリンク


一部の経済学者はバブル経済崩壊により1990年代に始まった日本の「失われた数十年」との類似点さえ指摘している。また、中国政府は10年前に不動産開発主導の発展から内需主導型の成長に経済を移行すべきだったが、それを怠ったと批判する見方もある。そのため政府は消費を拡大し、経済の不動産依存を減らすと宣言。金融機関に対し、不動産開発からハイテク業界への融資に転換するよう指導している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/74b4c8614671ca0d6e003e031806dac8be158eb9

2013-11-27-ca.jpg

国際通貨基金(IMF)も中国の長期的見通しについては悲観的だ。IMFは昨年11月、中国の成長率は2023年に5.4%に達し、生産性の低下や高齢化などの逆風の中、28年には3.5%まで徐々に低下するとの予想を発表している。現在の中国経済では崩壊もありうるとの専門家も多い。 失業率分岐点を考慮すると、成長率7%以下で失業者が増加すると言われる。現在の成長率は中国側のウソもあるがかなり低いと考えるのが正解だろう。 当然企業倒産や失業者は想像を超えるほど莫大と考えるべき。結果からすれば中国に依存する韓国などはより危険な状態と化す可能性もあるし、与える世界への影響も大きい。


関連記事

[ 2024年03月08日 08:11 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
中国の経済モデル
もともと社会主義では土地の個人所有はありえない。
独裁政権支配下の地方政府が、「土地使用権」を
売って資金稼ぎ。
この自治体収入が再生産に回らないのだろう。

このモデルが破綻したようだ。
[ 2024/03/08 13:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp