韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  韓国軍はベトナム戦争で民間人を虐殺したのか?認める司法、否認の政府

韓国軍はベトナム戦争で民間人を虐殺したのか?認める司法、否認の政府

2014年の韓国映画「国際市場で逢いましょう」で、俳優ファン・ジョンミンが演じた主人公は、ベトナム戦争に技術者として渡り、韓国軍と行動を共にする。「想像してみよう。ベトナムの戦場に俺たちの子どもが金を稼ぎに来ていると…。こんなこと起きなければ良かったのに。でも起きてしまった以上、(子どもでなく)自分が経験しているのが、せめて良かった」。主人公は韓国に残る妻へ、こう手紙を送った。

1964~73年、韓国は米国の要請により、同じ自由主義陣営の南ベトナムに約32万5千人を派兵、約5千人が戦死した。韓国メディアは1999年から韓国軍によるベトナムでの民間人虐殺を報じ出し、2020年、ベトナムの女性が、韓国軍に家族を虐殺されたとして韓国政府に損害賠償を求める訴訟を韓国で起こした。 昨年2月の一審判決は虐殺を認定したが、韓国政府は控訴した。今年1月の控訴審第1回口頭弁論でも、韓国政府は「国家賠償を命じるのは正義に反する」と主張した。虐殺の歴史をどう受け止めるべきなのか。韓国内が割れている。

韓国の市民団体は、ベトナム各地での韓国軍による虐殺犠牲者を計約1万人と推計するが、正確な実態は不明だ。このうち、ベトナム中部クアンナム省のフォンニィ・フォンニャット村で1968年に起きた事件については、直後に米軍が調査した資料などが残る。この村の女性グエン・ティ・タンさん(63)が2020年に提訴した。

スポンサードリンク


タンさんは、ベトナム現地での共同通信のインタビューに「脅されて壕から出ると銃撃された。5歳の弟は顔面を吹き飛ばされた。地獄のようだった」と語っている。7歳だった自身も腹部を撃たれ負傷し、1年近く入院した。 一審のソウル中央地裁は、乳幼児を含む非武装のタンさんの家族や村人が韓国軍に集められて射殺されたと認定し、約3千万ウォン(約340万円)の賠償を命じた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/20691690ef639d520ffb949c3170b11c70f3f43f

2024-03-25-k001.jpg

ベトナム戦争は、当時南北に分断されていたベトナムで社会主義陣営の北ベトナムと資本主義陣営の南ベトナムとの間で勃発した戦争であり、冷戦中に起こったアメリカ合衆国とソビエト連邦の代理戦争とされる。フォンニィ・フォンニャットの虐殺と言われ、ベトナム戦争中に韓国軍が起こした一連の虐殺事件の一つ。1968年2月12日に、南ベトナムクアンナム省ディエンバン市社フォンニィ・フォンニャット村で、大韓民国海兵隊第2海兵旅団(青龍部隊)(en)によって、非武装の民間人69-79人が虐殺された。

一方でライダイハン問題もある。主にベトナム戦争において、韓国軍がベトナムに侵攻した際に、韓国軍兵士あるいは南ベトナム側に出稼ぎに来た韓国人労働者らと現地ベトナム人女性との間に生まれた混血児を指す言葉だ。ライダイハンの正確な数は、依然として、はっきりとは分かっていない。最小5千人から最大3万人など諸説ある。


関連記事

[ 2024年03月25日 08:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp