韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  サムスン依存で沈む韓国経済がGDPトップ10から脱落…日本から盗めない先端半導体で競争力低下

サムスン依存で沈む韓国経済がGDPトップ10から脱落…日本から盗めない先端半導体で競争力低下

韓国経済は、サムスン依存の「一本足打法」である。一本足打法の元祖は、王貞治氏が現役時代に成し遂げた「最多ホームラン数」の偉業によって有名だ。経済では、一企業の業績に依存することがどれだけ危険であるかを示している。それは、サムスンの業績低下が韓国GDPのランクを押し下げに影響するからだ。

韓国の名目GDPは2022年、それまでの世界ランキング10位から13位へ後退した。主因は、半導体輸出の不振であった。これが、ウォン安を招きランキングを落とすことになったのだ。韓国は、2020~21年と連続で世界10位だった。それが、22年には3段階も後退して13位へ。代わって、天然資源大国であるロシア、ブラジル、豪州が上位へ進出した。韓国内外の経済環境から見て、再び「トップ10」入りできるかどうか、予測は困難である。

半導体とスマホは、サムスンの力で世界シェア1位である。だが、いずれも汎用品という悩みを抱えている。独自技術を持たない限界を露呈しているのだ。この結果、半導体では台湾のTSMC、スマホでは米国のアップルがいずれも高収益を上げて、サムスンを引き離している。この状況は、改善されるどころかさらに引き離されようとしている。サムスンにも韓国にも頭の痛い問題になった。

スポンサードリンク


韓国社会の欠陥は、度を外れた自己過信にある。自分が、あるいは韓国が絶対正しいとする信念を曲げないことだ。これが、国内の政治的対立を先鋭化させ、対日関係ではのっぴきならぬ不信感を表面化させてきた。この傾向は特に、左派に強烈である。左派が政権の座につけば、経済も外交も後退する。韓国GDPが、世界10位圏から脱落したことはこれと無縁でない。
https://www.mag2.com/p/money/1343893

2016-03-07-sa.jpg

先進各国のトップ企業の研究開発投資が、全企業に占める比率を下記に示す。
1)韓国(49.1% サムスン)
2)英国(21.7% アストラゼネカ)
3)フランス(19.8% サノフィ)
4)ドイツ(17.1% フォルクスワーゲン)
5)中国(10% 華為=ファーウェイ)
6)日本(7.6% トヨタ)
7)米国(6.3% アルファベット)
この序列は、企業の研究開発の「厚み」を示している。サムスンが、韓国企業全体の約半分も占めていることは、他企業の研究開発が手薄であることの証明である。これに比べて、トヨタは日本の7.6%。米国のアルファベット(グーグルの親会社)は6.3%にすぎない。それだけ、他企業の研究開発投資が盛んであること物語る。独創的な研究成果が、各社から生まれる可能性を示唆している。




関連記事

[ 2024年03月26日 07:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
サムスンなの?
勝又壽良 1936生 88歳
高齢な経済評論家だ。かなり周回遅れな記事だ。

DRAMシェア2023 Q3
サムスン 39%
SKハイニクス 34%

サムスンが首位だが、SKが急迫。サムスン依存の「一本足打法」と
いうのは10年前のことだろう。
AIに使うメモリのHBM技術はサムスンよりSKのほうが
進んでいるらしい。
サムスンが研究開発費をつぎこんでもSKに負けている現状。
[ 2024/03/26 10:58 ] [ 編集 ]
バカ言っちゃいけないよ、その16
トヨタ自動車の研究開発費用は年間で1兆2千億円だと言われている。そんな巨額でも日本の全産業の6・7%程度。反対にサムスン電子は2兆7千億円らしい。でも韓国全体研究費用の半分程度。つまりエアコンからテレビからスマホーから半導体などの電気製品や部品の研究すべてがサムスンの肩に掛かってきてるという話で自動車や戦闘機などはしていない。土建業なんかの研究開発なんかは特に無い。

だから橋が落ちたり、ビルが地震以外でも揺れたり。兵器や武器の不良で年間で数十人が無くなったり。

とても先進国とはほど遠い風景と思うが・・

昔は日本から土木建築業を教えたが彼等は「恩を仇で返す」のが国民性だから、今はそれもないらしい。

日本に居るのは売國自眠党や金目党が彼等の応援団みたいだな?
[ 2024/03/26 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp