韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、半導体・船舶の好調で…2月の生産(1.3%)・投資(10.3%)ともに増加

韓国、半導体・船舶の好調で…2月の生産(1.3%)・投資(10.3%)ともに増加

半導体の好調に支えられ、2月の産業生産が増加した。船舶など運送装備に対する投資が回復した設備投資も最大幅で増加した。

29日、韓国統計庁が発表した「2024年2月産業活動動向」によると、全産業生産(季節調整・農林漁業を除く)指数は115.3(2020=100)で前月比1.3%増加した。全産業生産は、昨年11月に0.3%増に反発して以来、12月(0.4%)、1月(0.4%)、2月(1.3%)まで4カ月連続で増加している。部門別では、鉱工業(3.1%)、サービス業(0.7%)などで生産が増加した。鉱工業では半導体(4.8%)、機械装備(10.3%)の増加幅が目立った。

サービス業は宿泊・飲食店(5.0%)、運輸・倉庫(1.6%)のおかげで前月比0.7%増加した。設備投資は前月に比べて10.3%増加した。2014年11月(12.7%)以来、9年3カ月ぶりに最大の増加幅だ。船舶などの運送装備(23.8%)、特殊産業用機械などの機械類(6.0%)で投資が増えた。

スポンサードリンク


統計庁は半導体業況改善にともなう製造用機械への投資増加と船舶など運送装備への投資増加が影響を及ぼしたと説明した。消費の流れを示す小売販売額指数は前月より3.1%減少した。昨年7月(-3.1%)以来、7カ月ぶりに最大の減少幅を記録した。飲食料品や化粧品など非耐久財の消費が4.8%減少し、通信機器や家電製品など耐久財も3.2%減少した。現在の景気状況を示す同行指数循環変動値は99.9で前月より0.2ポイント(p)上昇し、今後の景気局面を予告する先行指数循環変動値は100.4で前月より0.1p上がった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a14561097b524ff1caaf48adacb925284f56829b

2014-01-08-sam.jpg

韓国の輸出が長いマイナス成長のトンネルを昨年11月に13カ月ぶりに抜け出した。自動車と船舶が実績反騰を主導した。とはいえ船舶はコスト低減で赤字製造が継続中だ。半導体も日米台が主導し、サムスン製造もそろそろ限界点にきている。新技術不足では、半導体トータルで中国に負けるだろう。今後のサムスンの動きに注意が必要だ。そもそも日本の製造技術と生産設備で、大量生産技術を磨いてきた。だが次第に直行率が低下し、新しいチップでは、コストアップになりつつある。


関連記事

[ 2024年03月30日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
>2月の産業生産が増加した。
>消費の流れを示す小売販売額指数は前月より3.1%減少

工業生産の仕込みは増えているが、代金回収まで間がある。
市中の消費はまだ低調。お金がくるまでもう少し待てと。
そういう話のようだ。
[ 2024/03/31 18:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp