韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  米国が対中輸出規制の強化を韓国に求める

米国が対中輸出規制の強化を韓国に求める

米国は半導体テクノロジーについて、韓国に対し米政府がすでに実施しているのと同じ対中輸出規制を導入するよう要請している。半導体を巡る中国の野心に対抗する取り組みをバイデン政権が強めている新たな兆しだ。

事情に詳しい関係者によれば、米政府は韓国に対し、先端のロジック半導体や半導体メモリーを製造する装置や技術の中国への流出を制限するよう求めている。関係者は非公開情報だとして匿名を条件に取材に応じた。関係者の1人は、14ナノメートル(nm)より高度なロジック半導体や18nmより進んだDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)などが対象になっていると語った。これは、米商務省が2022年に初めて発表した一連の措置と一致している。

米国の当局者は今年3月に韓国の尹錫悦政権とこの問題について深く議論したという。米国は6月半ばに開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)前に合意に達したい考えだが、韓国側は中国が重要な貿易相手国であることもあり、米国の要求を満たすかどうか引き続き議論している。

スポンサードリンク


米政府の韓国に対する要求は、これまで詳細が明らかにされたことはなかった。米国は同盟国に対し、中国企業向けの半導体装置の保守点検を制限し、中国へのスペア部品と半導体に関係する化学製品の輸出を制限するよう、新たな働きかけを行っている。ブルームバーグ・ニュースは3月、 米政府が日本やオランダ、ドイツ、韓国を含む同盟国に対し、中国による半導体技術へのアクセスを制限する措置を一段と強化するよう迫っていると関係者の話として報じた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fef8d5bcdbdaa7e2aafe139c29fff6e9485a77c5

2024-02-03-k005.jpg

記事では、韓国は、半導体の生産と半導体製造装置のスペア部品提供で主導的な役割を果たしているとし、米韓の協議日程はずれ込む可能性もあると報じている。関係者によると、韓国と日本、米国の当局者は6月後半に会合を開き、先端技術とサプライチェーンに関する協力について話し合う予定。韓国の当局者は、サムスン電子やSKハイニックスなど自国の大手企業が中国で操業している場合、対中輸出規制が中国政府から何らかの罰則を誘発する可能性を警戒している。

現実は中国への半導体輸出ありきしか対応できないだろう。中国依存度は依然として高く、脱中国と語っている一方で、半導体依存度を高めている。それだけ韓国経済は半導体頼みの感がある。韓国を信用ですれば、技術情報は中国へ垂れ流しとなる。


関連記事

[ 2024年04月03日 07:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp