韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  シャオミの電気自動車工場、自動化率91%…ロボットが作る

シャオミの電気自動車工場、自動化率91%…ロボットが作る

北京市中心部から20キロメートル離れた北京経済技術開発区には面積が70万平方メートルを超える灰白色の工場がとりわけ目に付く。シャオミグループはここのスーパーファクトリーで新しく発売した新エネルギー車生産に拍車をかけている。スーパーファクトリーはランプアップ(生産能力拡大)後には最高76秒に1台ずつ新車を生産できるようになる。

先月28日夜にシャオミ自動車は車の販売価格を正式に公開した。最低仕様のモデルが21万5900元(約452万円)、最高級モデルは29万9900元だ。中国自動車工業協会(CAAM)の統計によると、1~2月の中国の新エネルギー車生産台数は125万2000台で前年同期比28.2%増、販売台数は120万7000台で29.4%増加した。2月に入りBYD、五菱、長安汽車、哪吒汽車(NETA)などの自動車メーカーが車の価格を相次いで引き下げている。業界関係者は自動車メーカーの値下げで新エネルギー車の普及率がさらに拡大し、新エネルギー車分野で中国のブランド優位が強固になると予想した。

技術革新は中国の新エネルギー車の良好な発展傾向を見せる指標のひとつだ。シャオミ自動車スーパーファクトリーの車体作業場の総合自動化率は91%に達する。自律移動ロボット(AMR)は磁気線が必要なく生産状況によって無人走行であらゆる中・大型部品を各生産段階に自動で配達する。

スポンサードリンク


シャオミスーパーファクトリー関係者は「このように多くの作業場で作業員は数百人にしかならない。ここはロボットがない所がない、高度で自動化されたスマート工場」と説明した。
https://japanese.joins.com/JArticle/316964?servcode=A00§code=A00

2024-04-03-k002.jpg

急激なEV(電気自動車)シフトを続けてきた中国の自動車業界で、エンジンを併用するPHV(プラグインハイブリッド車)の競争力を再評価する声が高まっている。事実、PHVの販売台数はEVを猛追している。中国汽車工業協会のデータによれば、中国市場における2023年1月から11月までのPHVの販売台数は、レンジエクステンダー型EVを含めて243万9000台と前年同期比83.5%も増加した。これに対して、同じ期間のEVの販売台数は586万台と絶対数では大きく上回るものの、前年同期比の増加率は23.6%にとどまった。PHVの成長速度はEVの3.5倍であり、勢いの差は明らかだ。

中国市場でのPHV人気を象徴する1社が、新エネルギー車専業大手の比亜迪(BYD)だ。同社の2023年の販売台数はEVが157万5000台だったのに対し、PHVは143万8000台とその差14万台弱に迫った。その他の中国メーカーも、PHVやレンジエクステンダー型EVの追加投入を急いでいる。 これまでEVだけを生産・販売してきたメーカーも、次々に軌道修正を打ち出している。例えば、国有自動車大手の長安汽車の傘下にある高級EVメーカーの阿維塔科技(アバター・テクノロジー)は、レンジエクステンダー型EVの複数の新型車を今後投入していく計画だ。


関連記事

[ 2024年04月03日 08:00 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp