韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本政治 >  首脳会談で日米同盟の深化を…岸田首相、安倍元首相以来の国賓訪米

首脳会談で日米同盟の深化を…岸田首相、安倍元首相以来の国賓訪米

岸田文雄首相は10日、米ワシントンで、ジョー・バイデン米大統領との首脳会談に臨む。日本の首相が国賓待遇で訪米するのは2015年の安倍晋三元首相以来で、11日には上下両院合同会議での演説を行う。両首脳は、日米両国を「未来へのグローバル・パートナー」と位置付け、覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、戦略的協力を鮮明にする方針だ。

安倍氏は9年前の訪米で、「希望の同盟へ」と題した議会演説を行った。先の大戦の「硫黄島での戦い」に参加した元米海兵隊中将と、旧日本軍を率いた栗林忠道大将の孫である新藤義孝経済再生担当相を紹介する演出を通じ、歴史を直視したうえでの「未来志向の関係」を呼び掛けた。議場ではスタンディング・オベーションがたびたび起こり、大絶賛された。

今回の岸田首相の訪米は、「未来」を打ち出すという意味で、9年前の「安倍訪米」の延長線上にある。バイデン氏との首脳会談の共同声明では15年同様、沖縄県・尖閣諸島が米国による日本防衛義務を定めた日米安保条約5条の適用対象とすることも再確認する。中国による一方的な現状変更にも対抗する姿勢を示す見込みだ。

スポンサードリンク


時代の変化に合わせた取り組みとしては、「宇宙」「AI(人工知能)」「脱炭素」など幅広い分野での連携を拡充する。そこには、対中依存度を下げることを狙いとした半導体の調達協力も含まれ、経済安全保障面での日本のメリットとなる。内閣支持率低迷に苦しむ岸田首相は、今回の外交成果で局面打開を図る狙いがあるとみられるが、目算が狂う可能性も否定できない。
https://www.zakzak.co.jp/article/20240410-XN4B7GSFH5K25BABFS4ELHTMLU/

2024-04-10-k003.jpg

岸田首相は、国賓待遇でアメリカを訪問中。訪問2日目は、マイクロソフトの社長ら経済関係者と意見交換を行った。訪問2日目となる9日、岸田首相はマイクロソフトのスミス社長や経済関係者らと会談し、経済分野での日米間の連携について意見交換を行った。岸田首相は、日本時間11日未明にバイデン大統領との首脳会談に臨むほか、12日未明には連邦議会の上下両院合同会議で演説する予定だ。


関連記事

[ 2024年04月10日 08:00 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
韓国もすぐホワイトハウスに行って記念写真撮影してきたらいい。
ムンさんはトランプさんと10分面会後すぐ帰国。
[ 2024/04/10 12:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp