韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  米国「世界のどこで何が起きても我々と共に」…日本との同盟の「格上げ」を強調

米国「世界のどこで何が起きても我々と共に」…日本との同盟の「格上げ」を強調

日本の岸田文雄首相の米国国賓訪問を機に、米日同盟の「グローバル同盟」としての役割の強化が合意され、両国軍隊の合同作戦のための土台が設けられる見通しだ。

米政府高官らは9日、翌日予定された米日首脳会談に関する電話会見で、両国同盟は今やグローバル同盟になったとし、「日本は最も重要な同盟に属する」としたうえで、「米日関係は今や新たなレベルに到達している」と述べた。高官らは、日本がこれまで自国周辺だけに関心を傾けていたが、今は「欧州、中東、インド太平洋で何が起きても」米国と(行動を)共にする「完全なグローバル・パートナー」になりつつあると語った。

米政府高官らは、両国首脳が自衛隊の統合作戦司令部の設置計画に沿って在日米軍司令部の構造を改編し、両国の軍と産業界で構成される委員会が兵器の共同生産に合意すると明らかにした。これに先立ち、カート・キャンベル米国務副長官は、両国首脳が先端兵器の共同開発と生産に合意すると述べた。両国首脳は極超音速兵器に関する防衛計画についても協議する予定だという。

スポンサードリンク


ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は同日、別途に行った会見で、「両国の軍事力のより素晴らしい調整および統合」と「他のパートナー国との連携に向けた安全保障協力の強化」に関する措置が首脳会談で発表される予定だと述べた。また、先週初めて実施された米日比濠の海軍による南シナ海での合同パトロールが強化されると明らかにした。米日軍事協力の強化と11日に開催される米日比による初の3カ国首脳会議の主な目的が、中国けん制にあることを示唆したのだ。
https://japan.hani.co.kr/arti/international/49690.html

2024-04-11-k001.jpg

ジョー・バイデン大統領が「日本の作戦指揮の機能が強化されるのに合わせて米国の作戦指揮の機能の強化をはかる」計画を明らかにするとした。陸上・海上・航空自衛隊の統合作戦司令部の設立に合わせ、在日米軍も自衛隊との合同作戦能力の強化に向けた改編作業に着手するという。これと関連し消息筋は、自衛隊の統合作戦司令部と歩調を合わせるため、在日米軍司令官を現在の中将から大将に格上げする案が検討されている。

また米日は首脳会談を通じて、非軍事分野の先端技術協力の拡大計画も発表する。マイクロソフト(MS)は9日、人工知能(AI)分野などで日本に29億ドルを投資する計画だとした。両国は大学が参加するAIの開発、宇宙および高速鉄道事業の協力も発表する予定。


関連記事

[ 2024年04月11日 10:15 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
岸田総理、米議会で名演説、スタンディングオベーション(歓呼)の嵐…

『アメリカはひとりではない。日本はアメリカと共にある』。これは泣くね。間違いなく米国の心をわしづかみにした。日本政府は本当に良い仕事をした。

日米同盟はさらに格上げ、一心同体と世界中に報道され、今年のG7サミットは日本に焦点が集まる。反日国家は顔面蒼白だね。椅子から転げ落ちたかもww。今までのような嫌がらせが手軽にできなくなる。領空、領海侵犯は減るね。

『政経一致』は日本の国益につながる。軍事力を持たない日本は経済大国であっても甘んじられていた。今後、軍事は世界1位の『日米』として振る舞うことになる。

今年のG7サミット、対中対ロが議題となる。岸田首相の訪米に合わせてフィリピン首脳と三国会談をした。フィリピンは中国の領海侵犯に脅かされる国で、自由な航海を守るために日米の保護を求めている。当然、中国は面白くない。

中国封じ込めの布石がまた一つ打たれた。中国は愛される国ではない。暴君である。

[ 2024/04/13 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp