韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  TSMCの工場誘致で日本の半導体産業が復活するはずはない

TSMCの工場誘致で日本の半導体産業が復活するはずはない

日米の株価が今年になって急騰したのは、半導体関連企業の株価急騰が大きな原因だと言われる。 政府が熊本に誘致した世界最大のファンドリー(受託製造会社)である台湾のTSMCの工場が2月下旬に操業を開始したことが、日本の半導体産業復活のきっかけになるとも言われている。

操業を始めた第一工場に続いて年内には第二工場の建設が始まり、投資額は計約3兆円、このうち政府は最大1兆円を超える補助金を支出するという。 今後、10年間で地元の熊本県だけで雇用などを含めた経済波及効果は7兆円弱、九州全体での他の半導体関連企業を含めて約20兆円といった試算もでている。 だが、補助金による半導体メーカー誘致が本当の半導体産業の復活につながるかどうかは大いに疑問だ。

TSMCの熊本工場で、いまのところ生産が計画されているのは、AIなどに使われる最先端半導体ではない。そもそも日本の半導体産業の凋落には別の原因がある。

スポンサードリンク


いま経済成長や競争力、製品やシステムの革新などで話題の中心にあるのはロジック半導体だ。 なかでも、アメリカの半導体設計企業、NVIDIAのGPU(リアルタイム画像処理に特化したロジック半導体)だ。 これは、AI(人工知能)が機械学習をする際に用いられる。ChatGPTなどの新しいAIが登場し、需要が高まった。最近の半導体ブームはAIブームが引き起こしたものだ。 GPUは、もともとは、3Dグラフィックスを描画する際に必要な計算処理のために開発されたが、AIの機械学習に高い能力を持つことが分かったのだ。

GPUはNVIDIAが設計し、TSMCが作る。 最先端のロジック半導体の生産には、1工場当たり1兆円を超える巨額投資が必要となる。量産できる企業は、TSMCや韓国のサムスン電子などに限られる。戦略的な半導体企業としては、以上の他に、オランダのASMがある。同社は露光装置の生産で世界をリードしており、EUV(極紫外線)装置では圧倒的なシェアを持っている。
超絵分です。 続きはこちら https://news.yahoo.co.jp/articles/3742a8eba0157c12e3a0322f54131823f926d834

2024-04-12-k002.jpg

現在、世界最先端の半導体メーカーは4nmの半導体を量産している(nm/ナノメートルは半導体回路の線幅。これが小さいほど高度の技術)。アメリカがテキサス州に誘致するTSMCの工場は、4nmの最先端半導体を生産する。 

しかし、熊本工場の第一工場で生産する半導体は、22/28nmおよび、12/16nmの製品と言われている。これは10年程度前の技術で、いまでは誰でも生産できる。この半導体は、隣にあるソニーの工場が生産しているイメージセンサーと組み合わされて使われると考えられる。ソニーにしてみれば、自ら設備投資をしなくても高性能半導体が利用できる。

何よりも国が行うべきは、官公庁や大学、民間がばらばらに行っている取り組みを有機的につなげて、国家戦略を練り上げることだ。その中には、レガシー半導体の製造能力を衰退させないよう技術者の育成を行うことや、企業の統廃合を進めることも含まれる。そして、プロジェクトを既存大企業に丸投げするのではなく、常にイノベーションの主役である新規参入組にも予算を付けて支援していくことが欠かせない。日本の半導体戦略の成否は「裾野の広い民間力」を作れるかどうかにかかっている。

半導体は、どの国も自国だけでは全製造過程を担えない。経済安全保障の要諦は、諸外国との連携の中で、人材供給を含め「製造のエコシステムがきちんと回る」ことだ。日本は、強みを持つメモリや素材、製造装置の分野で世界に貢献し、不足する分野は他国に頼ることで、サプライチェーン形成に絶対的な責任を果たす事だろう。


関連記事

[ 2024年04月12日 08:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(10)
野口悠紀雄(1940-) 84歳

>日本の半導体産業が復活するはずはない

はなっから、視点がずれたことを言っている。
TSMC誘致が意図するところは、日本の半導体産業復活
ではない。
意図するところは、半導体サプライチェーンの安定化、
カントリリスクの脱却だろう。
カントリリスクといっても、日本政府の策には選択があって、
台湾は配慮するが、メモリの韓国には配慮しない。

半導体は所詮は部品だから、どんなに先端のものを作っても
注文に依存する部品屋のポジションにいる。
トヨタ、ソニーを始めとする顧客のサプライチェーンを
確実なものにするのがTSMC誘致の意図。
トヨタ(デンソー)にはパワー半導体も必要で、これは内作。
デンソーに5千億円投資するらしい。
[ 2024/04/12 11:18 ] [ 編集 ]
隅から隅までズレたボンクラ記事

列挙するのも時間の無駄だが、熊本の工場のは10年前の技術で中国にもできるだの適当なこと書いてるが、商業化が確立されてなんぼ。それよりすごい7ナノに成功したもん!とか言っても無駄

こんなゴミ記事中のゴミ記事で日本も兜の緒を締め直せと諭しても時間の無駄
[ 2024/04/12 22:11 ] [ 編集 ]
日米台連合は再先端半導体技術の開発と安定した供給体制の構築。
メモリー組立屋の韓国さんとはステージが違う。
[ 2024/04/13 13:36 ] [ 編集 ]
サムスンにも
というより、メモリは標準品だから代替がある。
そのメモリについては、日本政府はマイクロンに
1900億円の支援、という念の入れよう。
これは、支援というより岸田政権の米国向けポーズに見える。

横浜へ押しかけてきて研究所を作るサムスンには 200億円支援、
国内嫌韓に配慮して小さめ。これは尹大統領向けの一種の交際費だろう。
[ 2024/04/13 13:58 ] [ 編集 ]
ダイヤモンド社の元記事には、野口悠紀雄の署名があるが、
この記事は、ChatGPTに書かせて、野口悠紀雄の名義を借りた
のではないか。野口氏の手から原稿が渡されればその素性は
問われない。
[ 2024/04/14 01:24 ] [ 編集 ]
支援額の違いは、アメリカへの阿りではなく、純粋にマイクロンとサムスンへの期待値の差だろう。
同じメモリ、という言葉で括ると分かりにくくなる。
[ 2024/04/14 12:53 ] [ 編集 ]
バカ言っちゃいけないよ、その20
当記事は大事な事柄を抜いて書いてるよ。

半導体の製造には広大な敷地が必至で近くに道路なんか在って微細な振動を受けてもダメだし。毎日に数万トンレベルの超純水を作る水道が要るし。電力も莫大に使うし。売上げ金の収入も毎月ごとに莫大に必要だよね。

そん所が韓国のどこに在るわけ?

TSMCは台湾以外に米国、ドイツ、日本に新に拠点を新設する。韓国にも中獄にもしない。

10年後の西側の半導体拠点は米国、EUのドイツ、日本だけかもね? 韓国はたぶん、中獄の奴○国かもね?

イヤ、中獄が第三次世界○戦で欧米のDS達に勝つ可能性もあるのでどうなるのかは、分らんけど・・

現時点で日本にはラピダスとTMSCが在るだけで十分じゃないのかよ?

この当記事はそこをわざと抜かしてると思うけど、どうなんだろか?
[ 2024/04/21 12:36 ] [ 編集 ]
>TSMCは台湾以外に米国、ドイツ、日本に新に拠点を新設する。

ドイツは電力大丈夫なのかね? フランスの電力を当てにしているのかな??
[ 2024/04/22 10:41 ] [ 編集 ]
バカ言っちゃいけないよ、その20の2
>ドイツは電力大丈夫なのかね? フランスの電力を当てにしているのかな??


 TSMCはドイツのザクセン州に100億ユーロで欧州初の半導体拠点を27年稼動予定で作るらしいね。

 そう、たぶん電力はフランスからかもね。もう第三次世界○戦を想定してるのかもね?

 
[ 2024/04/22 13:34 ] [ 編集 ]
先端的半導体工場は、自家発電で電力自給でしょう。
半分は再生可能エネルギー。知らんけど。
[ 2024/04/22 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp