韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  下半期の利下げは「予断できず」 物価安定が鍵=韓国中銀総裁

下半期の利下げは「予断できず」 物価安定が鍵=韓国中銀総裁

韓国銀行(中央銀行)の李昌鏞(イ・チャンヨン)総裁は12日、定例の金融通貨委員会で政策金利を年3.50%で据え置くことを決定した後の記者会見で、「農産物価格と原油価格がどのように変わるか分からない」と述べ、金融通貨委員全員が下半期の利下げの可能性について「予断できない」との見解を示したと明らかにした。

この日の会議では、委員6人のうち5人がコア物価と消費者物価の上昇率が2%台に下がるまで金融引き締め基調を維持するべきだとし、1人は内需不振が持続する場合に備えて利下げの可能性を残すことを提案したという。 李氏は、原油価格が再び安定し、消費者物価上昇率が年末までに2.3%程度まで下がれば下半期に利下げを行う可能性を排除できないと述べたが、利下げの準備に入ったという一部の見方については否定した。

近ごろの農産物価格の上昇に対しては、気候変動の影響が大きいとして「通貨財政政策で解決する問題ではない」と述べた。

スポンサードリンク


一方、対ドルのウォン相場が1ドル=1350ウォン台を上回り、ウォン安が進んでいることについては、米国の利下げが先送りされるとの観測が強まったことでドル高が進んでいると指摘。日本円や中国人民元も下落しており、韓国のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に比べて過度にウォン安になっている面があるとの見方を示した。 その上で「為替水準が過度な変動を見せることになれば市場安定化措置によって安定させる余力がある」とも述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ad99dff01e411eedc2324437df3f4425f593798a

2024-04-13-k001.jpg

韓国銀行(中央銀行)は12日の金融通貨委員会で、政策金利の据え置きを決めた。与党が大敗を喫した10日の総選挙後、インフレ圧力を安定的に抑制する狙いを強調する決定となった。2023年前半に最後の利上げが行われて以後、10会合連続で政策金利の7日物レポ金利が3.5%に維持された。ブルームバーグが調査したエコノミスト23人全員の予想通りだった。この政策金利水準は景気抑制的と見られている。


関連記事

[ 2024年04月13日 07:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
バトル勃発が近いのか
円安急進を受けて、日本は為替介入の構え。
鈴木財務相が口先加入したが、効果がない。
投機筋の円売りが見えれば、大型介入するだろう。

韓国も事情は同じ。まだ、ドル高が、という見解だが。
>為替水準が過度な変動を見せることになれば市場安定化措置
>によって安定させる余力がある
こちらも、投機筋が仕掛けてくれば応戦する構えを見せた。
[ 2024/04/13 11:20 ] [ 編集 ]
予断できないのは自殺と高齢者の貧困だろ。
[ 2024/04/13 13:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp