韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「5年間に38万人採用」約束はどこへ…韓国雇用市場に寒波

「5年間に38万人採用」約束はどこへ…韓国雇用市場に寒波

景気沈滞が長期化し、就職市場に寒波が予想される。グローバル経済の不確実性が高まり、主要大企業さえも人材需給計画を出すのが容易でないからだ。

財界によると、10大グループの大半が2年前に発表した新規採用計画をめぐり頭を悩ませている。これら企業は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の発足直後の2022年5月、「5年間に38万人」を採用する計画を明らかにした。サムスングループ8万人、SKグループ5万人、現代車グループ3万人(3年)、LGグループ5万人、ポスコグループ2万5000人、ロッテグループ5万人、ハンファグループ2万人、GSグループ2万2000人、HD現代グループ1万人、新世界グループ年1万人以上などだ。

しかし発表当時とは異なる経営環境のため「採用拡大」基調を維持するのが難しい状況だ。まず主要企業の業績が悪化した。韓国上場会社協議会によると、有価証券市場の12月決算上場企業615社の昨年の営業利益は前年比24.5%減、純利益は同比40%減となった。韓国経済人協会のパク・ヨンミン経済調査チーム長は「企業が業績不振のため積極的な新規採用をできずにいる」とし「グローバル景気と企業の業績が回復するまでは採用市場の活性化は不透明」と話した。

スポンサードリンク


雇用創出効果が大きい流通業はこの数年間、消費沈滞とチャイナコマースプラットホームの影響で雇用の余力が減少した状態だ。イーマートが初めて希望退職者を募集するなど業界全般的に人員削減を進めている。バッテリー業界は電気自動車需要鈍化の直撃弾を受け、石油化学・鉄鋼業界の不振も続いている。半導体業界は国内工場の建設が遅れ、採用計画に支障が生じる可能性が高まった。

現在のところ昨年の営業利益が27兆ウォン(約3兆円)で過去最高となった現代車グルーほどが採用拡大計画を立てた状態だ。現代車グループによると、2022年に2万人、昨年2万3000人を採用し、当初明らかにした計画(3年・3万人)を超過した。現代車は先月27日、「今年から3年間に8万人を採用する予定」とも明らかにした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4707d357ad2f0c893eef1be003d5f8b2dcbb56c0

2014-02-22-wa-1.jpg

韓国経済人協会が売上高上位500大企業を対象に実施した調査によると、企業は「規制緩和を通じた企業投資・雇用拡大誘導」(35%)が最も必要だと回答した。続いて「雇用増加企業インセンティブ拡大」(31.6%)、「新産業成長動力分野の企業支援」(9.8%)などの順だった。匿名を求めた大企業の関係者は「半導体企業は補助金を出す米国で生産施設投資を進めている」とし「政府が産業育成のための支援をより一層強化してこそ雇用も創出されるだろう」としている。


関連記事

[ 2024年04月18日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国雇用市場に寒波・・・この記事
2024-04-18 中央日報

韓国、台湾における低・中熟練外国人労働者受入れ拡大の潮流
2024/01/17 三菱UFJ

一般雇用許可制(在留資格:非専門就業(E-9))の年間受入れ上限は
ここ数年拡大傾向にあり、2024年は過去最大の16.5万人を予定している。
・・・三菱UFJには韓国労働事情はこのように見えている。

どういうことか?、
10大グループの新規採用計画というのは、韓国の上層の
良質雇用であろう。そこは余っているから雇用ストップ。
逆に下層労働は足りないから外国人を使う。
なので、上層に就業を目指す若年層はきびしい。
[ 2024/04/18 14:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp