韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「中東ショック」にウォン安ドル高まで…物価・輸出、韓国経済の不確実性高まる

「中東ショック」にウォン安ドル高まで…物価・輸出、韓国経済の不確実性高まる

イランによるイスラエルへの軍事行動で国際原油価格が急上昇する見通しだ。さらに、米国の金利引き下げ期待の後退で、ウォン/ドル為替レートは17カ月ぶりのウォン安を記録した。

原油高・ウォン安現象は経済全般に否定的に作用する。輸入原材料価格を押し上げて貿易収支を悪化させ、企業の生産原価を高める。最近、追い風に乗っていた輸出を制限する要因だ。中東地域の紛争は、国際原油価格を押し上げる要因となっている。国際原油価格は年初から強含みで、ドバイ油・ブレント油の価格が最近1バレル当たり90ドルを超えている。 このほか▽産油国協議体OPEC+の減産▽ロシア・ウクライナ石油インフラ攻撃▽米国ガソリン価格急騰▽中国・インドなど原油需要回復期待――などで上昇傾向を示した。中東の不安によって、国際原油価格の短期的に急騰する可能性がある。

国際原油価格変動は通常2~3週間程度の時差で韓国国内ガソリンスタンド価格に反映される。当分の間、国内のガソリン価格の上昇が予想される。

スポンサードリンク


原油価格の上昇は運送費などの負担を増やして物価を押し上げる要因だ。政府が今月末で終了する油類税引き下げ措置(ガソリン25%・軽油37%)を6月末まで延長する可能性が高い理由だ。 さらに、ウォン安ドル高まで加わり、輸入物価も刺激している。12日のウォン/ドル相場は1ドル1375.4ウォンで取引を終えた。年初来ウォン相場の最低値を更新した。17カ月ぶりの水準だ。米国の物価が予想より高くなり、連邦準備制度(Fed)の金利引き下げの期待が減った影響だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/05cb55bab56bbcc9bfc28ed6b82c79da2940be10

2024-04-14-k001.jpg

中東発の危機と米ドル高の影響で、韓国の金融市場が動揺している。1ドル=1400ウォンまでウォン安が進み、株価は急落し債券金利は急騰した。中東情勢によってウォン安ドル高と原油高の流れが長期間続くのではないかという懸念が出ている。 最近のグローバルドル高(ウォン安)は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き下げのタイミングが遅延するという見込みが強くなっているところへ、13日にイランがイスラエルを攻撃し中東地域の戦雲が高まり、安全資産選好心理が極大化されているためだ。ウォン安の幅は、他通貨に比べて特に激しい。

ウォンの切り下げ幅が大きい背景として「季節的特殊性」も指摘されている。外国人投資家の決算配当金が4月に集中し、この資金をドルに変えて送金しようとする需要が集中するためとしている。中東リスクで原油価格が上がれば、韓国のような原油輸入国はドル高と物価高の二重苦に見舞われることになる。


関連記事

[ 2024年04月18日 09:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp