韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  太陽誘電が110億円投資、韓国でMLCC増産の狙い

太陽誘電が110億円投資、韓国でMLCC増産の狙い

太陽誘電の韓国製造子会社である韓国慶南太陽誘電(慶尚南道泗川市)は、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産能力を引き上げる。中長期的には1000億ウォン(約110億円)を投じ、生産設備を増強する計画。自動車やサーバーを含む情報インフラ、産業機器向けのMLCCへの需要が増えることを見据え、投資に踏み切る。工場の生産能力は非公表だが、太陽誘電は全世界でのMLCCの生産能力を年間10―15%伸ばす方針を掲げる。

将来的なMLCCに対する需要の拡大に備えるほか、世界的なサプライチェーン(供給網)を強化する狙いもあり、韓国拠点での生産能力増強が必要だと判断した。需要動向に合わせて投資判断を行うという。

韓国慶南太陽誘電は車や情報インフラ、産業機器などに搭載する比較的大型で信頼性が高いMLCCを生産している。現在、工場の建て替えのほか、製造棟や倉庫を含む複数の建屋の増築を行っており、2024年度にも完成する見通し。新たに設備も導入し、生産能力を高める。これに伴い従業員を839人(23年3月末時点)から増員し、中長期的には100人程度の新規雇用を計画する。

スポンサードリンク


太陽誘電は韓国のほか日本、中国、マレーシアでMLCCを生産している。これまでも中国・常州市に新工場を建設したほか、マレーシア・サラワク州でも新工場を完成させ、MLCCの生産能力を高めてきた。MLCCはスマートフォン、ノートパソコン(PC)、電気自動車(EV)など幅広い分野で使われている。太陽誘電のほかにも村田製作所やTDK、京セラなどもMLCCの生産能力の拡大を図っている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/318b921435823edb6f885bcaff6547535111c297

2024-04-22-k001.jpg

太陽誘電は、海外売り上げ比率70%、海外駐在員150人、世界でビジネスを展開し、世界にも高い技術力・商品力で定評のある電子部品メーカー。一般的に有名なのは、CD-R(That'sブランド)。「従来のプレイヤーで再生可能な記録型CDの開発は不可能」といわれていた中、開発されました。現在では記録型DVDなども製造、自社製品だけでなく、大手メーカーへのOEM供給も行っている。品質を保持しつつ量産する技術にも定評があり、品質保持のために国内製造にこだわっている。またコンデンサや、インダクターなどの受動電子部品、電子部品技術を生かした高密度実装によるBluetoothやLCDバックライトモジュールなどのパーツアッセンブリが主力商品。


関連記事

[ 2024年04月22日 08:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
太陽誘電は、CD-R、MLCC、その次と主力事業を
変えてきたが、自動車用の需要が伸びるから
再度MLCC増産に挑戦するようです。
誘電株は買い時。村田も。
[ 2024/04/22 11:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp