韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の大宇、真露、双龍などの老舗企業が没落、原因は「むやみに手を広げすぎたこと」!

韓国の大宇、真露、双龍などの老舗企業が没落、原因は「むやみに手を広げすぎたこと」!

2013-08-31-k024.jpg

韓国紙・朝鮮日報(電子版)は26日、海泰、真露、双龍、大宇など韓国人になじみの深い企業の共通点として、「かつては繁栄していたが、今は没落した」ことをあげた。27日付で中国網が伝えた。

記事は、海泰はむやみに他企業を買収し、真露は核心的な競争力の全くない流通、建築、広告業などに進出、双龍は優位性が全くない自動車業界へと進出し、いずれも失敗に終わったと指摘。大宇は事業の手を広げすぎた結果、巨額の負債を抱え込んでつまずいたとした。

スポンサードリンク
記事はまた、海外にも同じような例はあるとした上で、1970年に米誌フォーブスに選ばれた「世界100強企業」のうち、2010年時点でランクインしていた企業はわずか21社だったと指摘した。

その上で、没落しないために重要なことは「むやみに手を広げすぎるという大きな間違いを犯さないこと」とし、謙遜を知らず、道徳を重視しない経営者が「大きな間違い」を犯しやすいと指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130831-00000007-xinhua-cn


関連記事

[ 2013年08月31日 21:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp