韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本経済が回復傾向…政府は産業の新陳代謝を加速!

日本経済が回復傾向…政府は産業の新陳代謝を加速!

2013-07-28-k007.jpg

日本経済に回復の兆しが見えているが、実際に日本経済を苦しめているのは非合理的な経済構造だ。新たな成長源を模索し、新たな産業を開拓しなければ、日本経済の回復は持続が困難だ。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

調査によると、日本の大企業のうち、「経済回復が軌道に乗った」と回答した企業が21%となったほか、「軌道に乗りつつある」が53%に達した。これは多くの大企業がすでに、経済回復の雰囲気を感じていることを示す。

今回の経済回復の「けん引」となったのは自動車産業だ。日本は円高是正により、自動車輸出にとって極めて有利な条件を創造した。この半年間で日本の自動車輸出台数が大幅に増加し、トヨタ、日産、ホンダなどの7大自動車メーカーは生産額と利益の「ダブル成長」を実現した。もう1つの輸出産業である電機業界もまた、この勢いを借りて景気低迷から脱却している。

スポンサードリンク
輸出企業のけん引を受け、機械、冶金、造船、運輸などの業界の景気が好転し、内需と関連する小売、外食、不動産などの業界も恩恵を受けている。日本政府の最近の経済情勢に対する描写は、「経済は明らかな回復の流れを示している」、日銀の判断は「経済が緩慢に回復している」となった。

日本経済の長期的な安定成長は、企業の設備投資と社員の増給を促す。最新データによると、企業レベルの調整はすでに終わりに近づいており、設備投資の拡大を積極的に検討する企業が増加している。

電機企業もまた、投資拡大の検討を始めている。日本政策投資銀行の調査によると、製造業とサービス業の投資は10.3%増加する見通しで、不動産、物流、スーパーの投資増の流れが力強く示されている。しかしながら、社員の増給は依然として緩慢だ。企業の業績は上半期に好転したが、多くの企業は増給に慎重で、ボーナスの増加にとどまった。大企業を含め、社員の給与の増加率は0.1%未満となっている。過去の例によると、経済回復が1年間続かなければ、企業は社員の増給を検討しない。

多くのエコノミストは、経済回復後に日本経済の構造問題を真剣に検討する必要があると指摘した。日本経済を苦しめているのは、非合理的な経済構造だ。日本の自動車・電機産業は依然として発展しているが、世界市場の飽和と新興経済国との熾烈な競争を受け、日本の2大輸出業界の発展の余地は限られている。

日本政府は構造調整を強化している。政府の経済主観部門は「産業の新陳代謝の促進」を検討中だ。同計画の重点は、伝統産業の調整、余剰生産能力のある業界の縮小と集約により、企業の視点を新興産業に向けることだ。(編集担当:米原裕子)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0831&f=politics_0831_008.shtml


関連記事

[ 2013年08月31日 22:10 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp